テーマ
疲れと上手に付き合う

生活は疲れます。精神的・肉体的ストレスや自然災害,不確定な未来と漠然とした不安。考え始めたらきりがありません。しかし,人の営みが始まって現代に至るまで,人が疲れない,ストレスがない時があったのでしょうか?どこかで誰かが悩み,考え,疲れていたはずです。そう考えると,疲れとは生きていくことの一部とも言えます。疲れの中に何かをみつける。それが上手くいくヒントなのかもしれません。

テーマ
ノーベル賞と研究

2019年,今年も日本人がノーベル賞を受賞しました。素晴らしいことです。毎年この季節に訪れるノーベル賞,しかし,その関心は長くは続きません。今年はもう少し時間をかけて,ノーベル賞について考えてみませんか?これまでの歴史やその影響,ノーベル賞の背景にある思想とそれを取り巻く色々な人たちの思惑。ノーベル賞を目指さず,イグ・ノーベル賞への情熱を滾らせる研究者。そもそも研究とはどんな活動なのか。ノーベル賞とその周りには,私たちを驚かし,困惑させ,納得させることがあふれています。

テーマ
ドローンがもたらす未来

ドローンは身近になりました。気が付くと,空を飛んでいる。ブーンという飛行音に,私たちはどのような思いを抱くのでしょうか。未来の足音?それとも社会の変革?軍事転用されたドローン攻撃のリスク,自動運転を含むモビリティ革命の到来,ドローンをいろいろな角度から見ることでその未来は異なっているのは確かです。ドローンが導き出す未来を考えてみましょう。

テーマ
森が呼ぶ声

アマゾンの森林火災が止まらない。ドイツの森も危険な状態にある。日本の森林再生への取り組みには時間がかかる。これまで人間と共存してきた森が,私たちに語りかけている声を,耳を澄ましてもう一度,聞いてみませんか。意見や思想の対立,経済や政治,その存在の前提にあるのは,共存のはず。森の声を聞いたとき,もう一度,共存の意味を問い直すチャンスが訪れるのかもしれません。

テーマ
旅と環境と持続可能性

ヨーロッパでは,地球温暖化防止の観点から,飛行機による移動を避け,鉄道を使う運動が盛んになっています。旅も,飛行機から鉄道へ。効率的な移動から,移動そのものを楽しむ旅へ。確かにそれも旅の楽しみでしょう。持続可能性を高めていくことは今後の社会において不可欠でもあります。一方,私たちは,より遠くへ,より早くいきたいと望んでいることも確かでしょう。旅と環境,バラバラにみえるこの2つを一緒に眺めることで,新たな気づきがあるかもしれません。

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら


総件数
19テーマ

 

ピックアップ

ナラベルには,多くのOSS(オープンソースソフトウェア)と無料APIが利用されています。ここでは,ナラベルを支えるOSSに関わる書籍やWebサイトを皆さんと共有して,改めて謝意を表したいと思います。

638 View   リスト     15


広告エリア

広告募集

随時広告募集中です。詳しくはこちら。

広告エリア

広告募集

随時広告募集中です。詳しくはこちら。