テーマ
「恐れ」の正体

新型肺炎が世界を襲っている。中国では死者数が日々増えていき,まるで戦争をしているような物々しさだ。TVやSNSで流れる情報は,私達を「恐れ」させている。その「恐れ」が,私達にマスクをつけさせ,アルコール消毒を促している。これはいいことだ。一方,この「恐れ」がこれ以上大きくなったとき,私達がどのような行動をとるのか,そこに未来がある。私達を突き動かす「恐れ」とは,その源流はどこにあるのか?

テーマ
野球の奥底

監督がボソボソとつぶやく。選手は汗だくの首元を拭うこともせず,ただ聞き入っている。ベンチの中の野球。それを見せてくれた監督。野球は,間のスポーツ。一つ一つのプレーの合間にこそ本質が隠れている。それを知らしめてくれた監督。きっと,どこかにシューレスジョージャクソンとフィールドオブドリームスがあって,プレーをしているに違いない。監督の夢はまだ続く。野球ファンの夢も続いている。

テーマ
大統領がいる時代

子供の頃,白黒テレビの中の大統領は輝いていた。日本には存在しない大統領という響き。そこにはいかなる根拠もない漠然とした幸福感とあこがれがあった。そして現代,巨大な権力を持つ大統領は,何を信じ,何を普通の人々に見せようとしているのか。エビデンスが私達のすべてを縛り付けているこの時代に,大統領の存在が持つ意味を問う。

テーマ
庭に世界をみる

世界中にある庭園たち。日本庭園,英国式庭園,イスラーム式庭園,中国庭園。人々はどの場所でも何時の時代も庭園を作り,眺め,愛で,共に生活を送ってきました。世界中の庭園を通じてそれを作った人々や国を理解できれば,世界が広がるに違いありません。日本を知るために日本庭園を知る,世界を知るために世界の庭園を知る。まずはお気に入りの1冊を手にとってください。

テーマ
カンボジアへ向かう

カンボジアといえば,アンコールワット。その神々しさと雄大さは人を惹きつけて止まない。それと同時に,ささやかな幸せを願うためにこれほどの寺院を作れる人の手が,同じほど苛烈な惨劇を生み出すことができる現実を私達につきつける。カンボジアはまさに,人間の叡智と邪心が交差した場所。戦の煙で世界が霞みそうな今だからそこ,もう一度,知っておきたいこともある。

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら


総件数
27テーマ

 

ピックアップ

2019年,今年も日本人がノーベル賞を受賞しました。素晴らしいことです。毎年この季節に訪れるノーベル賞,しかし,その関心は長くは続きません。今年はもう少し時間をかけて,ノーベル賞について考えてみませんか?これまでの歴史やその影響,ノーベル賞の背景にある思想とそれを取り巻く色々な人たちの思惑。ノーベル賞を目指さず,イグ・ノーベル賞への情熱を滾らせる研究者。そもそも研究とはどんな活動なのか。ノーベル賞とその周りには,私たちを驚かし,困惑させ,納得させることがあふれています。

284 View   リスト     37

ドローンは身近になりました。気が付くと,空を飛んでいる。ブーンという飛行音に,私たちはどのような思いを抱くのでしょうか。未来の足音?それとも社会の変革?軍事転用されたドローン攻撃のリスク,自動運転を含むモビリティ革命の到来,ドローンをいろいろな角度から見ることでその未来は異なっているのは確かです。ドローンが導き出す未来を考えてみましょう。

316 View   リスト     32

テーマ
森が呼ぶ声

アマゾンの森林火災が止まらない。ドイツの森も危険な状態にある。日本の森林再生への取り組みには時間がかかる。これまで人間と共存してきた森が,私たちに語りかけている声を,耳を澄ましてもう一度,聞いてみませんか。意見や思想の対立,経済や政治,その存在の前提にあるのは,共存のはず。森の声を聞いたとき,もう一度,共存の意味を問い直すチャンスが訪れるのかもしれません。

239 View   リスト     26

ヨーロッパでは,地球温暖化防止の観点から,飛行機による移動を避け,鉄道を使う運動が盛んになっています。旅も,飛行機から鉄道へ。効率的な移動から,移動そのものを楽しむ旅へ。確かにそれも旅の楽しみでしょう。持続可能性を高めていくことは今後の社会において不可欠でもあります。一方,私たちは,より遠くへ,より早くいきたいと望んでいることも確かでしょう。旅と環境,バラバラにみえるこの2つを一緒に眺めることで,新たな気づきがあるかもしれません。

399 View   リスト     32

箱根駅伝がもつドラマ,多くの人達とのかかわり。物語を消費するのは,刻み付けるよりも簡単で現代的でもある。しかし,振り返った時にこそ,未来はやってくる。そしてそこにあるドラマが私たちを奮い立たせる。振り返り,未来を望むとき,活字は力を持ち始める。今年の箱根駅伝が,すべての人々の追い風となることを願って。

245 View   リスト     32

ロックは水,ロックはパン,ロックはワイン,ロックは血,ロックは魂。その風景は音と歌詞だけで描かれるものではないはず。ロックが紡ぎだすものがたり。少しだけ,ボリュームを下げて,活字の世界に浸ってみませんか

275 View   リスト     20

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」が開催されています。(東京国立博物館 平成館)この特別展は,「リアル三国志」を合言葉に,歴史書や物語ではなく,その時代の本物を通じて知ることができる「三国志」を私たちに見せてくれます。私たちが馴染んでる「三国志」と「リアル三国志」,その合間を埋めるために,これまでの「三国志」を少し振り返ってみませんか?

231 View   リスト     26

ボクシングの歴史は古い。歴史の始まりと共に,人は殴り合い,戦い,強さを競った。殴り合いによる生存欲求の証明を必要としない現代,その時代の中で,私たちは,井上尚弥の登場を見た。彼の登場が,日本のボクシングを変えた。そして今,世界の価値観の一部を揺るがそうとしている。歴史の中のボクシングから,現代ボクシングへの道をたどりながら,今の,井上尚弥の見つめるボクシングを探ってみよう

339 View   リスト     30

日本の特徴として職人魂,匠の技。プロフェッショナリズムが生み出すさまざまなものたちが,人々に新しい世界を見せてくれます。作る側のこだわり,使う側のこだわり,その融合があってこそ,新たな文化の誕生ではないでしょうか。そんな匠の仕事,それを使う人たちのこだわり,振り返ってみませんか?

298 View   リスト     32