総件数
163テーマ

生田図書館「本への誘い」コーナー
​自分の日記を読み返すと死ぬほど痛いのに、 他人の日記はなんでこう面白いのか?って考えると、 たぶんそこに何かしら本当のことが書かれてるから なんだと思う(ふだん口が裂けても言えないこととか)。

2
タイプ
展示
展示期間
展示期間未定  未定
展示場所
生田図書館
公開状態
公開
公開予定日
2022-05-02
タグ
##生田図書館
登録件数
展示   29
アクセス数
221 View

タウトが撮ったニッポン / 酒井 道夫 沢 良子 平木 収 -- 9784901631754

図書館所蔵を確認

【概 要】

ハチ公、おんぶ、スラム、桂、キッチュ!
1933年、ナチに追われたブルーノ・タウトはエリカ・ヴィッティヒと来日。アメリカ亡命への足がかりのつもりで立ち寄った日本で3年半の日々を余儀なくされた。小さなカメラで好奇心のままにタウトがとらえたニッポン—鯉のぼりから桂離宮まで—を新訳の日記とともに再現する!
ジュラルミンケースに封印され、岩波書店にながく保管されていたブルーノ・タウトの遺品—手帳や原稿の下書き、そして写真アルバム4冊がこのたび発掘された。そこには昭和8年から11年までの日本滞在中に、タウト自身が撮影したピントのあまい写真やら、絵はがきなど1422点。
報道カメラマンよろしく、小さなカメラ「ヴェス単」で果敢に被写体に挑むタウト。その眼差しを再検証すべくアルバムから厳選した約130点の写真を新訳の日記とともに紹介する。初めての書籍化!

【目 次】

タウトの遺品=沢良子
タウト日記アルバム=ブルーノ・タウト
タウトが遺した写真アルバムの読み方=平木収
戦前昭和ヴィジュアル時代の『ニッポン』=酒井道夫
タウトが見たもうひとつのニッポン=沢良子

【書 誌】

タイトル
タウトが撮ったニッポン
ISBN
9784901631754
著者
酒井 道夫 沢 良子 平木 収
出版社
武蔵野美術大学出版局
出版年

リンク

Resource : openBD

コロナ禍でストレスが溜まる日々ですね。​「人に話を聞いて欲しい」という人、一方「自分でよければ話を聴かせてほしい」と考え...
みなさんは「里親制度」というものを知っていますか? ​ 「里親制度」とは、さまざまな事情により家族と暮らすことができない...
美しい本屋、美しい廃墟…「美しい○○」というタイトルの本をよく目にしませんか? ​ 中野図書館にある「美しい○○」を集め...
内田百閒の人生や作品を味わえる漫画を集めました。コミカライズから人物紹介まで、いろいろあります。​​※電子書籍のリンクは...
リスト   12   198 View   2
表紙のイラスト、タイトルの字体や外箱などの本の外側のデザインを「装丁」といいます。今回は中野図書館の少し変わった装丁の本...
9月1日は「防災の日」。そして8月30日から9月5日は「防災週間」です。​地震や台風、豪雪など、日本では一年を通じて様々...
少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」が今年めでたく誕生50周年を迎えました! この機会にマリーアントワネットの魅力を再...
内田百閒以外の人による、内田百閒についての本をまとめました。おすすめのものを中心に、思いつくままに追加していきます。
リスト   18   418 View   5
 内田百閒の本をたくさん読みたい!…でも古本には抵抗が…という方や、新品を買って集めたい派の方々向けのリストです。​​・...
リスト   32   582 View   4
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展「『働く』を考える」のうち、「⑥働こう!:コミュニケーション、伝える技術」​の資...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展「『働く』を考える」のうち、「⑤こころ健やかに働く:メンタルヘルスケア」​の資料...