総件数
135テーマ

2022年3~4月購入分の一部を紹介します。どうぞご利用ください!
​※現在、ダウンロードができません。閲覧利用のみとなります。

2
タイプ
展示
展示期間
展示期間未定  未定
展示場所
公開状態
公開
公開予定日
2022-04-20
登録件数
展示   9
アクセス数
107 View

なぜ、イスラームと衝突し続けるのか / 内藤 正典 -- 9784750352985

図書館所蔵を確認 電子Bookで読む

【概 要】

2021年8月、20年にわたる米国とその同盟国のアフガニスタン占領が終焉した。なぜ欧米流の自由や人権は受け入れられなかったのか。アフガン侵攻の危険を訴えた20年前の原書をもとに、その後の西欧とイスラームの関係をたどる章を加えた決定的増補版。

【目 次】

 増補版まえがき

1 誰の犯行か?
 テロという「戦争」からテロとの「戦争」へ
 あいまいな証拠から創られた戦争のレトリック
 「誰が犯人か?」―認識のずれ

2 イスラーム組織の犯行ならば、なぜ?
 中東・イスラーム世界での不公正
 高度な計画を実行した犯人像

3 イスラームとの戦争ではない?
 十字軍・無限の正義
 イスラーム的不公正の観念
 信徒共同体の破壊
 教会組織をもたないゆえの一体性
 ラマダン月の攻撃がもつ意味

4 イスラーム世界の声は届かなかった
 イスラーム世界諸国の動揺
 ナショナリズムとイスラーム

5 ナショナリズムへの連鎖反応
 マイノリティの異議申し立てもテロ?
 パレスチナの抵抗運動はテロか?

6 イスラームの何を誤解してきたのか
 イスラーム対キリスト教という誤解
 女性の人権とイスラーム
 ヴェール、人権抑圧の象徴?
 ヴェールのもう一つの意味
 イスラーム的刑罰と公正の観念
 差別を隠蔽する用語としての「原理主義」

7 この戦争をしてはならなかった
 「タリバン以後」に潜む欺瞞
 イスラームとアメリカの衝突
 イスラーム脅威論がつくりだした「文明の衝突」

8 何をしなければならないか
 必要なのは人間を直視すること
 ヨーロッパは、なぜイスラームと共生できなかったのか
 国家としての日本は何をなすべきか

[増補]イスラーム世界と西欧の二十年
 「テロとの戦い」をめぐる亀裂
 弾圧を正当化した「テロとの戦争」
 ヨーロッパ難民危機と共生の破綻
 関係は再建できるか?
 文明間の講和に向けて

 あとがき
 増補版あとがき

【書 誌】

タイトル
なぜ、イスラームと衝突し続けるのか
ISBN
9784750352985
著者
内藤 正典
出版社
明石書店
出版年
20211129

リンク

Resource : openBD

コロナ禍で2年が経ち、大学も通常の対面授業が行われるようになり、賑やかさも戻っています。その中で、なんだか落ち着かないな...
大学の4年間は、読書の黄金時代です。 読解力が備わり、感性が豊かで、読書傾向も柔軟。いま読まないなんて、もったいない!...
受験勉強から解放されるって、なんだかとんでもなく自由になった気分ですね。自由な大学生になって、授業にでてみたけれど、あれ...
洋館、レトロビル、純喫茶、横丁。「レトロ」とは、古いものを好むこと。大正ロマン、昭和レトロのブームに加え、最近は平成の二...
生田図書館「本への誘い」コーナー​自分の日記を読み返すと死ぬほど痛いのに、 他人の日記はなんでこう面白いのか?って考え...
誰もが学校生活で手に取ったことがある教科書。 今回の展示では、そんな教科書に関する様々な資料を集めました。 明治期から...
2022年3~4月購入分の一部を紹介します。どうぞご利用ください!​※現在、ダウンロードができません。閲覧利用のみとなり...
中野図書館 4月のオススメ本棚「今日から始めるベーシックレッスン」​​小学生~高校生のための入門書を集めました。​子ども...
生田図書館「本への誘い」コーナー​新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 在学生の皆さん、こんにちは。 学生時...
大学生になり、出会う人も見える世界も大きく広がります。 コミュニケーションに自信がある人もそうでない人も、 人との接...
明治大学へのご入学おめでとうございます! みなさんの大学生活が少しでも充実したものになるように、 図書館職員一同願って...