総件数
135テーマ

1月のオススメ本棚 「ことばの不思議」
​​
今回は色々な「ことば」の本を集めました。​ことわざ、手紙、歌詞、セリフ、​誰かに伝える言葉と自分の中で大切にする言葉。​色んな人達が選んだ「ことば」を読む冬はいかがですか。

2
タイプ
展示
展示期間
展示終了  2022-01-22 >> 2022-01-31
展示場所
公開状態
公開
公開予定日
2022-01-22
タグ
##中野図書館
登録件数
展示   25
アクセス数
166 View

誰も知らない世界のことわざ / エラ・フランシス・サンダース 前田 まゆみ -- 9784422701059

図書館所蔵を確認

【概 要】

「ロバにスポンジケーキ」「ウサギになって旅をする」「あなたのレバーをいただきます」……? 世界には、こんなにも風変りで美しい表現方法がたくさんある! 世界的ベストセラー LOST IN TRANSLATION(邦題『翻訳できない世界のことば』)の著者が、世界のユニークなことわざや慣用句を51語集め、感性あふれる文と絵で紹介した一冊。人生を豊かに生き抜いてきた、先人の知恵の数々に出会えます。

【目 次】

002 はじめに
004 目次
006 フランス語 ザワークラウトの中で自転車をこぐ。
008 日本語 サルも木から落ちる。
010 韓国語 カラスが飛び立ち、梨が落ちる。
012 セルビア語 彼の鼻は、雲をつきやぶっている。
014 ハンガリー語 彼は、めんどりがアルファベットを知っている程度にはそれを知っている。
016 ラトビア語 小さなアヒルを吹き出す。
018 ポルトガル語 ロバにスポンジケーキ。
020 スペイン語 あなたは、私のオレンジの片割れ。
022 フィンランド語 猫のように、熱いおかゆのまわりを歩く。
024 ドイツ語 ラディッシュを下から見る。
026 英語 PとQに気をつけて。
028 ヒンディー語 ジャングルの中でおどるクジャクのダンス、誰が見た?
030 スウェーデン語 エビサンドにのって、すべっていく。
032 インドネシア語 泳ぎながら水を飲む。
034 オランダ語 テーブルクロスには小さすぎ、ナプキンには大きすぎる。
036 北京語 うまうま とらとら。
038 カシミール語 皮がはげそうなボートで漂流する。
040 アイルランド語 ブタの背中にのっている。
042 オーストラリア英語 真昼の太陽にさらされた、バケツいっぱいのエビのように。
044 ヘブライ語 目から遠ざかれば、心からも。
046 マルタ語 目が私について行った。
048 イタリア語 オオカミの口の中へ!
050 アラビア語 ある日はハチミツ、ある日はタマネギ。
052 ガー語 水を持ってきてくれる人は、そのいれものをこわす人でもある。
054 フィンランド語 ウサギになって旅をする。
056 日本語 猫をかぶる。
058 フランス語 さて、羊に戻るとしようか。
060 イタリア語 頭の中に、コオロギがいっぱい。
062 スペイン語 ガレージにいるタコのような気分。
064 イディッシュ語 私にむかって、ヤカンをたたかないで!
066 チベット語 青の問いに、緑の答えを与える。
068 モンゴル語 神の祝福がありますように。そしてあなたの口ひげがふさふさの柴のようにのびますように。
070 ブルガリア語 一滴一滴が、いつしか湖をつくる。
072 ルーマニア語 誰かを、その人のスイカからひっぱり出す。
074 ブラジル・ポルトガル語 ピラニアがいっぱいの川で、ワニは背泳ぎする。
076 ウクライナ語 私の別荘は、ずっと外れにある。
078 チェコ語 はだしでヘビをパタパタとふむ。
080 ヒンディー語 水が半分しか入っていない壺のほうが、水がよくはねる。
082 ロシア語 ザリガニがどこで冬を過ごすか、教えてあげよう。
084 ドイツ語 あそこでクマがおどっているよ!
086 デンマーク語 ペリカンを半分に吹き飛ばしている。
088 トルコ語 ブドウはお互いを見ながら熟す。
090 アルメニア語 私の頭にアイロンをかけないで。
092 ノルウェー語 あごひげが郵便受けにはさまってしまう。
094 ポーランド語 私のサーカスではないし、私のサルでもない。
096 ペルシア語 あなたのレバーをいただきます。
098 スワヒリ語 海の水は、ただながめるためだけのもの。
100 コロンビア・スペイン語 郵便配達員のくつ下のように飲みこまれる。
102 イボ語 カボチャの茎の中にどんなふうに水が入っていくか、誰が知っているでしょう?
104 フィリピン語 わあ! 馬が妊娠している!
106 アロマニア語 一輪の花だけが、春をつくるのではない。
108 著者略歴
109 謝辞
110 訳者あとがき・訳者略歴

【書 誌】

タイトル
誰も知らない世界のことわざ
ISBN
9784422701059
著者
エラ・フランシス・サンダース 前田 まゆみ
出版社
創元社
出版年
20161019

リンク

Resource : openBD

コロナ禍で2年が経ち、大学も通常の対面授業が行われるようになり、賑やかさも戻っています。その中で、なんだか落ち着かないな...
大学の4年間は、読書の黄金時代です。 読解力が備わり、感性が豊かで、読書傾向も柔軟。いま読まないなんて、もったいない!...
受験勉強から解放されるって、なんだかとんでもなく自由になった気分ですね。自由な大学生になって、授業にでてみたけれど、あれ...
洋館、レトロビル、純喫茶、横丁。「レトロ」とは、古いものを好むこと。大正ロマン、昭和レトロのブームに加え、最近は平成の二...
生田図書館「本への誘い」コーナー​自分の日記を読み返すと死ぬほど痛いのに、 他人の日記はなんでこう面白いのか?って考え...
誰もが学校生活で手に取ったことがある教科書。 今回の展示では、そんな教科書に関する様々な資料を集めました。 明治期から...
2022年3~4月購入分の一部を紹介します。どうぞご利用ください!​※現在、ダウンロードができません。閲覧利用のみとなり...
中野図書館 4月のオススメ本棚「今日から始めるベーシックレッスン」​​小学生~高校生のための入門書を集めました。​子ども...
生田図書館「本への誘い」コーナー​新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 在学生の皆さん、こんにちは。 学生時...
大学生になり、出会う人も見える世界も大きく広がります。 コミュニケーションに自信がある人もそうでない人も、 人との接...
明治大学へのご入学おめでとうございます! みなさんの大学生活が少しでも充実したものになるように、 図書館職員一同願って...