総件数
179テーマ

出版社:勁草書房

0
タイプ
展示
展示期間
展示期間未定  未定
展示場所
公開状態
公開
公開予定日
2021-12-14
登録件数
展示   21
アクセス数
281 View

【概 要】

改憲は取り沙汰されても、憲法解釈への注目は少ない。だが解釈という行為は憲法改正と不可分である。そこに何かが隠れてはいないか?

憲法改正をめぐる議論は多い。しかし本来ならばそれと腑分けし、分け入るべき憲法解釈の議論をどれだけ重ねてきただろうか。そこに落とし穴はないか。憲法改正の限界を憲法解釈の約束事のなかに見出す巻頭論文のほか、国民、政治部門、裁判所、天皇それぞれがする憲法解釈の諸問題に、「憲法解釈権力」という新たな視座から迫る。

【目 次】



Ⅰ 解釈という権力
 1 憲法を解釈する権力

Ⅱ 権力の叡智
 2 「憲法の番人」に関する考察
 3 九条訴訟という錯綜体

Ⅲ 権力に応じた義務
 4 《通過》の思想家 サンフォード・レヴィンソンの憲法理論
 5 裁判官の責任とは何か
 6 法学原論の見えない系譜――[書評]小粥太郎著『民法学の行方』
 7 立憲主義のゲーム

Ⅳ 権力者の錯覚
 8 「人事」を尽して我意に任す
 9 憲法解釈権力──その不在に関する考察
 10 内閣の憲法解釈
 11 権力者の自己言及
 12 「最高権力者」の自己言及
 13 天皇の憲法解釈

初出一覧

【書 誌】

タイトル
憲法解釈権力
ISBN
9784326451210
著者
蟻川 恒正
出版社
勁草書房
出版年
20200218

リンク

Resource : openBD

現在、熊谷と久喜の2館で「情報の探しかた講座」が開催されています。​ これにちなんで、「情報リテラシー」をテーマに資料を...
レポートやゼミでのプレゼン、どう準備すればいい?​ 文章のまとめ方や分かりやすく気の利いたデザインなどいろいろなアイデア...
日々の生活の基本である「食」​食は生命活動から社会活動、精神活動まで、あらゆる活動の根源です。​食が織り成す人の生活構造...
【 ニッチ : niche 】; 隙間 / ユニーク。マニアックの意。​自分だけが知っているのかも。これ以上に贅沢な知...
ミニ展示開催初日の10月29日には、​「埼玉県立図書館百周年記念資料展」を熊谷図書館で開催しています。​​ そこで...
生田図書館 本への誘いコーナー なぜ時間どおりに仕事が終わらないのか?時間に追われる・・・ いつも「時間」がないあなた...
11月4-6日に公演が行われる明治大学シェイクスピアプロジェクト関連の展示です。​シェイクスピア作品のほか、演劇論、劇場...
2004年にスウェーデンの大学教授エリック・ストルターマンによって提唱された「DX(デジタル・トランスフォーメーション)...