総件数
179テーマ

2021年12月10日開催「第4回読書人カレッジ」でお話していただく奥野克巳さん関連本です。

1
タイプ
展示
展示期間
展示終了  2021-12-01 >> 2021-12-10
展示場所
公開状態
公開
公開予定日
2021-12-01
タグ
##明治大学図書館
登録件数
展示   21
アクセス数
366 View

コロナ禍をどう読むか / 奥野 克巳 近藤 祉秋 辻 陽介 逆卷 しとね 尾崎 日菜子 吉村 萬壱 上妻 世海 清水 高志 甲田 烈 松本 卓也 東畑 開人 -- 9784750516820

図書館所蔵を確認

【概 要】

ウイルスは「敵」なのか? それとも――?

人類学、哲学、批評、アート、小説、精神分析、ビッグヒストリー、妖怪、科学史……。
ジャンルを異にする俊英たちが、コロナ禍が露わにした二元論の陥穽をすり抜け、「あいだ」に息づく世界の実相を探る。刺激的な8つの対話集。


■ TALK 01 奥野克巳 × 近藤祉秋
「ウイルスは人と動物の「あいだ」に生成する」

■ TALK 02 逆卷しとね × 尾崎日菜子
「接触と隔離の「あいだ」を考える」

■ TALK 03 吉村萬壱 × 上妻世海
「私と国の「あいだ」を/で問い直す」

■ TALK 04 清水高志 × 甲田烈
「既知と未知の「あいだ」の政治」

■ TALK 05 松本卓也 × 東畑開人
「心と身体の「あいだ」を考える」

■ TALK 06 山川冬樹 × 村山悟郎
「隔離され、画像化された二つの「顔」、その「あいだ」で」

■ TALK 07 辻村伸雄 × 石倉敏明
「歴史と神話の「あいだ」の実践」

■ TALK 08 塚原東吾 × 平田周
「グローバルとローカルの来たるべき「あいだ」へ」

【書 誌】

タイトル
コロナ禍をどう読むか
ISBN
9784750516820
著者
奥野 克巳 近藤 祉秋 辻 陽介 逆卷 しとね 尾崎 日菜子 吉村 萬壱 上妻 世海 清水 高志 甲田 烈 松本 卓也 東畑 開人
出版社
亜紀書房
出版年
20210123

リンク

Resource : openBD

現在、熊谷と久喜の2館で「情報の探しかた講座」が開催されています。​ これにちなんで、「情報リテラシー」をテーマに資料を...
レポートやゼミでのプレゼン、どう準備すればいい?​ 文章のまとめ方や分かりやすく気の利いたデザインなどいろいろなアイデア...
日々の生活の基本である「食」​食は生命活動から社会活動、精神活動まで、あらゆる活動の根源です。​食が織り成す人の生活構造...
【 ニッチ : niche 】; 隙間 / ユニーク。マニアックの意。​自分だけが知っているのかも。これ以上に贅沢な知...
ミニ展示開催初日の10月29日には、​「埼玉県立図書館百周年記念資料展」を熊谷図書館で開催しています。​​ そこで...
生田図書館 本への誘いコーナー なぜ時間どおりに仕事が終わらないのか?時間に追われる・・・ いつも「時間」がないあなた...
11月4-6日に公演が行われる明治大学シェイクスピアプロジェクト関連の展示です。​シェイクスピア作品のほか、演劇論、劇場...
2004年にスウェーデンの大学教授エリック・ストルターマンによって提唱された「DX(デジタル・トランスフォーメーション)...