総件数
135テーマ

2021年7月7日開催「第1回読書人カレッジ」でお話していただく小林エリカさん関連本です。

1
タイプ
展示
展示期間
展示終了  2021-07-01 >> 2021-07-07
展示場所
公開状態
公開
公開予定日
2021-07-01
タグ
##明治大学図書館
登録件数
展示   11
アクセス数
380 View

トリニティ、トリニティ、トリニティ / 小林 エリカ -- 9784087716825

図書館所蔵を確認

【概 要】

オリンピックに沸く2020年夏の東京。
「目に見えざるもの」の怒りを背負った者たちが立ち上がる――ノンストップ近未来長編!

「20世紀最大の呪いは、原子力の発見とその実用化だった。
小林エリカは核に取り憑かれた作家だ、いや、核に取り憑いた巫女だ。
その予言は私たちを震え上がらせる」
――上野千鶴子氏(社会学者)

【著者略歴】
1978年東京生まれ。作家・マンガ家。2014年『マダム・キュリーと朝食を』で、第27回三島由紀夫賞・第151回芥川龍之介賞にノミネート。その他の著書に『親愛なるキティーたちへ』、『彼女は鏡の中を覗きこむ』、『光の子ども』(第1巻〜第3巻)など。

【書 誌】

タイトル
トリニティ、トリニティ、トリニティ
ISBN
9784087716825
著者
小林 エリカ
出版社
集英社
出版年
20191025

リンク

Resource : openBD

コロナ禍で2年が経ち、大学も通常の対面授業が行われるようになり、賑やかさも戻っています。その中で、なんだか落ち着かないな...
大学の4年間は、読書の黄金時代です。 読解力が備わり、感性が豊かで、読書傾向も柔軟。いま読まないなんて、もったいない!...
受験勉強から解放されるって、なんだかとんでもなく自由になった気分ですね。自由な大学生になって、授業にでてみたけれど、あれ...
洋館、レトロビル、純喫茶、横丁。「レトロ」とは、古いものを好むこと。大正ロマン、昭和レトロのブームに加え、最近は平成の二...
生田図書館「本への誘い」コーナー​自分の日記を読み返すと死ぬほど痛いのに、 他人の日記はなんでこう面白いのか?って考え...
誰もが学校生活で手に取ったことがある教科書。 今回の展示では、そんな教科書に関する様々な資料を集めました。 明治期から...
2022年3~4月購入分の一部を紹介します。どうぞご利用ください!​※現在、ダウンロードができません。閲覧利用のみとなり...
中野図書館 4月のオススメ本棚「今日から始めるベーシックレッスン」​​小学生~高校生のための入門書を集めました。​子ども...
生田図書館「本への誘い」コーナー​新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 在学生の皆さん、こんにちは。 学生時...
大学生になり、出会う人も見える世界も大きく広がります。 コミュニケーションに自信がある人もそうでない人も、 人との接...
明治大学へのご入学おめでとうございます! みなさんの大学生活が少しでも充実したものになるように、 図書館職員一同願って...