総件数
68テーマ

新しい大学生活には期待や不安,様々な感情が起こる。 なかなか難しい問題ではあるが・・・少し考え方・見方を変えてみる。 今,自分が悩み考えていることはどれほど意味があることなのか? 果たして今,正しい答えが導き出せることなのか? あるいは,今こうなっているのは,本当にあの出来事やあいつのせいなのか? 仮にそうだったとして,今,自分が落ち込んだり悩んだりする必要はあるのか? いずれにしても,今,自分の態度は,自分で決めることが出来る訳だ。 確かに結果には原因はある。しかし,そこに原因を求めている限り,前には進めない。 辛いことや悲しいこと思い通りにいかないことがあった(ある)かも知れない。 しかし,そこで立ち止まることなく次への1歩を踏み出すことが出来る人もいる。 過去が原因で今現在があるならば,未来は今,この現在が形作ることになる。 過去でもない,誰かのせいでもなく,自分自身と向き合って 今,ここから自分にコントロール出来ることだけに集中する。 過去を土台に過去を踏み台にして前へ前へと歩き続ける。 今,輝かしく活躍している人の多くは,辛い過去や挫折と学生時代に向き合っている。 そんな人生の先輩方から学べることは実に多い。 運命の1冊は目の前にあるかも知れない。 だけれども「前へ」! だとしても「前へ」! だからこそ「前へ」!  歩み続けことが出来るのは自分自身だけなのだ!

3
タイプ
展示
展示期間
展示終了  2021-04-01 >> 2021-05-31
展示場所
公開状態
公開
公開予定日
2021-04-01
タグ
#生田図書館
登録件数
展示   47
アクセス数
449 View

【概 要】

学びの技術はもちろん、情報、政治、ジェンダー、労働といった基本的なテーマを選び、統計資料、学生への問い、レポートや討論の課題、検索キーワードなどを提示。若手教員もすぐに使える、まったく新しい大学1年生用の教科書。

【目 次】

 はじめに
 本書の使い方

第1章 大学での学び方

 第1節 大学とはどんな世界か(深谷幸治)
 第2節 文章力の基礎作り(深谷幸治)
 第3節 日本語力を高めよう(森谷公俊)
 第4節 自己紹介と発声法(森谷公俊)
 第5節 図書館を活用しよう(深谷幸治) 
 第6節 美術館・博物館で楽しく学ぶ(岡部昌幸) 
【コラム1】研究における不正行為と研究者の倫理(森谷公俊)

第2章 社会の中の大学

 第1節 大学と学問のこれまでとこれから(森谷公俊)
 第2節 教育費から考える大学と社会(森谷公俊)

第3章 コンピュータ/ネットワーク・リテラシー

 第1節 コンピュータは必要不可欠(池周一郎)
 第2節 ネットワーク・リテラシーの必要性(池周一郎)
 第3節 情報社会論・AI革命論を疑う(池周一郎)
【コラム2】個人情報流出と信用スコアの危険性(森谷公俊)
【コラム3】ネット利用の留意点(森谷公俊)

第4章 ジェンダーから読む社会        

 第1節 ジェンダーから見るあなたと社会(草野いづみ)
 第2節 性と健康を考える(草野いづみ)
 第3節 性暴力をなくすために(草野いづみ)
【コラム4】政治家の性差別発言一覧(森谷公俊)

第5章 政治と社会の担い手になる

 第1節 政治はあなたのそばにある(甲斐祥子)
【コラム5】自分の一票では何も変わらない?(森谷公俊)
 第2節 憲法と法律はなぜあるのか(甲斐祥子)
【コラム6】表現の自由と行政の中立(森谷公俊)
 第3節 政治参加を考えよう(甲斐祥子)
【コラム7】古代アテネ民主政の抽選制(森谷公俊)
【コラム8】反対するのは偏っているか(森谷公俊)
 第4節 税が支える国家と社会(賀村進一)
 第5節 社会保障はどうあるべきか(賀村進一)
【コラム9】その怒りは正当です(森谷公俊)

第6章 働くことと労働法

 第1節 働き方はどうなっているか(村上文)
【コラム10】女性活躍推進法と「えるぼし認定」(村上文)
【コラム11】仕事と家庭を両立させる法制度(村上文)
 第2節 あなたを守る労働法―アルバイトをする前に(村上文)
 第3節 キャリアデザインをどう作るか(村上文)
 第4節 労働時間はどう変わってきたか(森谷公俊)

第7章 現代史と今日の社会

 第1節 世界史の中の日本国憲法(森谷公俊)
【コラム12】〈人〉とは誰か(森谷公俊)
 第2節 戦争についてよく知ろう(森谷公俊)
 第3節 自民族中心主義を超えて(ル・ルー・ブレンダン)
【コラム13】日本の国民国家を考える(森谷公俊)
 第4節 天皇制について議論しよう(森谷公俊)
【コラム14】改元の基礎知識(森谷公俊)

【書 誌】

タイトル
大学1年生からの 社会を見る眼のつくり方
ISBN
9784272412426
著者
大学初年次教育研究会
出版社
大月書店
出版年
20200318

リンク

Resource : openBD

コロナ禍でストレスが溜まる日々ですね。 「人に話を聞いて欲しい」という人,一方「自分でよければ話を聴かせてほしい」と考...
中野図書館 9月のオススメ本棚「見方を変える」​​近寄る。離れる。逆さにする。​レンズやフィルターを通す。​​同じ風景が...
今月もMBAメンバーのオススメ本紹介がやってまいりました!​​意外と時間はあっという間で、気づけばもう9月。​秋…待ちに...
中野図書館 9月のオススメ本棚「素晴らしきムダ知識」​​日常生活を助けてくれるかもしれないムダ知識を、サクッと得られる本...
みなさんはどんなお茶が好きですか? ​ 緑茶、烏龍茶、紅茶…世界ではたくさんの種類のお茶が古くから飲まれています。 ​ ...
「『食べる』を考える~からだのために」を​生田図書館にて展示しています。
中野図書館 8月のオススメ本棚「キャンパスライフ」​​時代を映した大学生活がある。 何時の時代も変わらない 大学生の...
夏も終盤に差し掛かる頃ですが、MBAは変わらず活動中!​今回もお馴染みのメンバーのオススメ本が集結しました。​​アツい熱...
五輪の色にも意味がある。5つの自然現象とスポーツの5大鉄則 青=水と水分・黒=土と体力・赤=火と情熱・黄=砂と技術・緑...
自然の摂理に従って生きている、野生動物たち。本当の魅力は、ただ単に、『かわいい。』だけではなく、それ以外のところにあると...
中野図書館 8月のオススメ本棚「本棚の1番上」​​図書館の1番上の棚から本を手に取ったことはありますか? ​タイトルは見...
SDGs目標8​すべての人のための継続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、​生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働...