総件数
60テーマ

SDGs目標3  すべての人に健康と福祉を

​予防可能な病気で多くの人が亡くなっています。経済格差によって必要な治療を受けられない人も多くいます。
​誰もが必要な時に安心してうけられる医療サービスこそ,持続可能な社会を維持していくのに大切なものではないでしょうか。
​新型コロナウイスル感染症の蔓延に伴い健康や病気予防への関心が高まっている今こそ,
​世界の現状に関心をよせてみましょう。

0
タイプ
展示
展示期間
展示期間未定  未定
展示場所
公開状態
公開
公開予定日
2021-02-22
タグ
#SDGs展示 #中野図書館
登録件数
展示   30
アクセス数
429 View

国境の医療者 / メータオ・クリニック支援の会 渋谷 敦志 -- 9784787719027

図書館所蔵を確認

【概 要】

タイ・ミャンマー国境の町で30年にわたり、難民・移民に無償診療を続けている「メータオ・クリニック」。

国際ボランティアとして、体当たりで赴任した日本の医療従事者たちが、現地スタッフや患者とともに戸惑い、傷つき、成長し、交流と支援を続けた10年間を綴った珠玉のリレーエッセイ。

◎渋谷敦志氏(本書収録「いのちを支えるつながりを見つめて」より)
〈医療がそこにある。医療者がそこにいる。ただそれだけの事実が、わらにもすがる思いでやってくる患者たちをどれだけ勇気づけていることだろう。「メータオ・クリニック支援の会(JAM)」の活動は、国境という困難を生きる民、文字通りの「難民」たちの生を肯定するエールになっていたし、参加するメンバー一人ひとりが思いやりと行動力を兼ねそなえた愛すべきヒューマニストだと思う。ただ、裏方から支えることに徹するJAMにはそのことを鼻にかけてアピールする人はいないので、代わりにぼくがメンバーへの敬意も込めて、この場で読者に伝えておきたい。〉

◎リレーエッセイ執筆者
田邉文(医師/2009〜2010年)、前川由佳(看護師・保健師/2011〜2013年)、田畑彩生(看護師・保健師/2012〜2014年)、鈴木みどり(看護師/2014〜2015年)、神谷友子(看護師・保健師/2015〜2017年)、齊藤つばさ(看護師・保健師/2017〜2018年)、梶藍子(看護師/2007〜2009年)

〈それぞれの人がそれぞれの事情を抱えながら、国境を越えクリニックにやって来る。帰る場所がある人もない人も、ここで治療し、働き、ほかの患者を助け、まるでここが自分の家のように生活している。〉…………本文より

【目 次】

[Ⅰ] 国境の難民診療所 〜体当たりの医療支援〜

「メータオ村」で過ごした日々(2009.6-2010.8)
田邉 文(第二代派遣員/医師)


[Ⅱ] 国境の医療者たち 〜なんでも屋、ときどき看護師〜

国境の医療者たちの強さと優しさ(2011.8-2013.9)
前川由佳(第三代派遣員/看護師・保健師)

きっとたくさんある「私にできること」(2012.7-2014.9)
田畑彩生(第四代派遣員/看護師・保健師)


[Ⅲ] 国境の変化のなかで 〜できることを一歩ずつ〜

いまできることを明日からもひとつずつ(2014.8-2015.9)
鈴木みどり(第五代派遣員/看護師)

すぐに変わらなくても自分にできることを(2015.8-2017.9)
神谷友子(第六代派遣員/看護師・保健師)

看護スタッフたちの成長を見守って(2017.8-2018.9)
齊藤つばさ(第七代派遣員/看護師・保健師)


[Ⅳ] 国境を見つめ続けて

国境の未来を見つめて(2007.7-2009.5)
梶 藍子(初代派遣員/看護師)

日本のみなさんへ
シンシア・マウン(メータオ・クリニック院長/医師)

一〇年にわたる活動を振り返って
小林 潤(メータオ・クリニック支援の会代表/医師)

いのちを支えるつながりを見つめて
渋谷敦志(写真家、フォトジャーナリスト)

メータオ・クリニック支援の会(JAM)とともに歩んで
——寄せ書き JAM設立一〇周年と本書出版に寄せて


あとがきにかえて
渡邊稔之(メータオ・クリニック支援の会 書籍担当/医師)

【書 誌】

タイトル
国境の医療者
ISBN
9784787719027
著者
メータオ・クリニック支援の会 渋谷 敦志
出版社
新泉社
出版年
20190402

リンク

Resource : openBD

SDGs目標8​すべての人のための継続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、​生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働...
仕事に役立てるため?学校の課題のため?それとも興味があるから?​一言で「読書」といっても、本との向き合い方は人それぞれ。...
「緑陰」とは青葉の茂った木立のかげのことで,全国学校図書館協議会では,夏休みの間に読書に親しみ、多くの読書をすすめるため...
中野図書館 7月オススメ本棚「あのひとの足跡」​​今回は多くの人が知っている有名な人の本を集めてみました。​私たちの知ら...
一口に「プレゼン」といっても 情報収集・資料作成・話す技術… さまざまなスキルが必要です。情報を「集める」「まとめる...
「はじめてのレポート作成,一体どうすれば良いの?」 「またレポートか。うまく仕上がったためしがない。」 まるで梅雨の...
中野図書館 7月のオススメ本棚「試験対策応援!」​​​図書館の資料には学習に役立つ資料がたくさんあります。上手に活用して...
2021年7月7日開催「第1回読書人カレッジ」でお話していただく小林エリカさん関連本です。
SDGs目標4​すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、 生涯学習の機会を促進する
神社の入り口などに置かれている二匹の「狛犬(こまいぬ)」の像。実は元々「獅子」と「狛犬」という、左右で違う動物が対になっ...
中野図書館 6月のオススメ本棚「ちょっとマニアックな建築の世界」​​長い歴史を経て今なお残る名建築から、近未来を感じさせ...
月は6月、いよいよ梅雨のシーズンがやってまいりました。​外出も躊躇う…そんな時は室内でゆっくり読書をしませんか。​積んで...