総件数
135テーマ

SDGs目標3  すべての人に健康と福祉を

​予防可能な病気で多くの人が亡くなっています。経済格差によって必要な治療を受けられない人も多くいます。
​誰もが必要な時に安心してうけられる医療サービスこそ,持続可能な社会を維持していくのに大切なものではないでしょうか。
​新型コロナウイスル感染症の蔓延に伴い健康や病気予防への関心が高まっている今こそ,
​世界の現状に関心をよせてみましょう。

0
タイプ
展示
展示期間
展示期間未定  未定
展示場所
公開状態
公開
公開予定日
2021-02-22
タグ
#SDGs展示 #中野図書館
登録件数
展示   30
アクセス数
944 View

国境の医療者 / メータオ・クリニック支援の会 渋谷 敦志 -- 9784787719027

図書館所蔵を確認

【概 要】

タイ・ミャンマー国境の町で30年にわたり、難民・移民に無償診療を続けている「メータオ・クリニック」。

国際ボランティアとして、体当たりで赴任した日本の医療従事者たちが、現地スタッフや患者とともに戸惑い、傷つき、成長し、交流と支援を続けた10年間を綴った珠玉のリレーエッセイ。

◎渋谷敦志氏(本書収録「いのちを支えるつながりを見つめて」より)
〈医療がそこにある。医療者がそこにいる。ただそれだけの事実が、わらにもすがる思いでやってくる患者たちをどれだけ勇気づけていることだろう。「メータオ・クリニック支援の会(JAM)」の活動は、国境という困難を生きる民、文字通りの「難民」たちの生を肯定するエールになっていたし、参加するメンバー一人ひとりが思いやりと行動力を兼ねそなえた愛すべきヒューマニストだと思う。ただ、裏方から支えることに徹するJAMにはそのことを鼻にかけてアピールする人はいないので、代わりにぼくがメンバーへの敬意も込めて、この場で読者に伝えておきたい。〉

◎リレーエッセイ執筆者
田邉文(医師/2009〜2010年)、前川由佳(看護師・保健師/2011〜2013年)、田畑彩生(看護師・保健師/2012〜2014年)、鈴木みどり(看護師/2014〜2015年)、神谷友子(看護師・保健師/2015〜2017年)、齊藤つばさ(看護師・保健師/2017〜2018年)、梶藍子(看護師/2007〜2009年)

〈それぞれの人がそれぞれの事情を抱えながら、国境を越えクリニックにやって来る。帰る場所がある人もない人も、ここで治療し、働き、ほかの患者を助け、まるでここが自分の家のように生活している。〉…………本文より

【目 次】

[Ⅰ] 国境の難民診療所 〜体当たりの医療支援〜

「メータオ村」で過ごした日々(2009.6-2010.8)
田邉 文(第二代派遣員/医師)


[Ⅱ] 国境の医療者たち 〜なんでも屋、ときどき看護師〜

国境の医療者たちの強さと優しさ(2011.8-2013.9)
前川由佳(第三代派遣員/看護師・保健師)

きっとたくさんある「私にできること」(2012.7-2014.9)
田畑彩生(第四代派遣員/看護師・保健師)


[Ⅲ] 国境の変化のなかで 〜できることを一歩ずつ〜

いまできることを明日からもひとつずつ(2014.8-2015.9)
鈴木みどり(第五代派遣員/看護師)

すぐに変わらなくても自分にできることを(2015.8-2017.9)
神谷友子(第六代派遣員/看護師・保健師)

看護スタッフたちの成長を見守って(2017.8-2018.9)
齊藤つばさ(第七代派遣員/看護師・保健師)


[Ⅳ] 国境を見つめ続けて

国境の未来を見つめて(2007.7-2009.5)
梶 藍子(初代派遣員/看護師)

日本のみなさんへ
シンシア・マウン(メータオ・クリニック院長/医師)

一〇年にわたる活動を振り返って
小林 潤(メータオ・クリニック支援の会代表/医師)

いのちを支えるつながりを見つめて
渋谷敦志(写真家、フォトジャーナリスト)

メータオ・クリニック支援の会(JAM)とともに歩んで
——寄せ書き JAM設立一〇周年と本書出版に寄せて


あとがきにかえて
渡邊稔之(メータオ・クリニック支援の会 書籍担当/医師)

【書 誌】

タイトル
国境の医療者
ISBN
9784787719027
著者
メータオ・クリニック支援の会 渋谷 敦志
出版社
新泉社
出版年
20190402

リンク

Resource : openBD

コロナ禍で2年が経ち、大学も通常の対面授業が行われるようになり、賑やかさも戻っています。その中で、なんだか落ち着かないな...
大学の4年間は、読書の黄金時代です。 読解力が備わり、感性が豊かで、読書傾向も柔軟。いま読まないなんて、もったいない!...
受験勉強から解放されるって、なんだかとんでもなく自由になった気分ですね。自由な大学生になって、授業にでてみたけれど、あれ...
洋館、レトロビル、純喫茶、横丁。「レトロ」とは、古いものを好むこと。大正ロマン、昭和レトロのブームに加え、最近は平成の二...
生田図書館「本への誘い」コーナー​自分の日記を読み返すと死ぬほど痛いのに、 他人の日記はなんでこう面白いのか?って考え...
誰もが学校生活で手に取ったことがある教科書。 今回の展示では、そんな教科書に関する様々な資料を集めました。 明治期から...
2022年3~4月購入分の一部を紹介します。どうぞご利用ください!​※現在、ダウンロードができません。閲覧利用のみとなり...
中野図書館 4月のオススメ本棚「今日から始めるベーシックレッスン」​​小学生~高校生のための入門書を集めました。​子ども...
生田図書館「本への誘い」コーナー​新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 在学生の皆さん、こんにちは。 学生時...
大学生になり、出会う人も見える世界も大きく広がります。 コミュニケーションに自信がある人もそうでない人も、 人との接...
明治大学へのご入学おめでとうございます! みなさんの大学生活が少しでも充実したものになるように、 図書館職員一同願って...