総件数
72テーマ

SDGs目標3  すべての人に健康と福祉を

​予防可能な病気で多くの人が亡くなっています。経済格差によって必要な治療を受けられない人も多くいます。
​誰もが必要な時に安心してうけられる医療サービスこそ,持続可能な社会を維持していくのに大切なものではないでしょうか。
​新型コロナウイスル感染症の蔓延に伴い健康や病気予防への関心が高まっている今こそ,
​世界の現状に関心をよせてみましょう。

0
タイプ
展示
展示期間
展示期間未定  未定
展示場所
公開状態
公開
公開予定日
2021-02-22
タグ
#SDGs展示 #中野図書館
登録件数
展示   30
アクセス数
604 View

国境の医療者 / メータオ・クリニック支援の会 渋谷 敦志 -- 9784787719027

図書館所蔵を確認

【概 要】

タイ・ミャンマー国境の町で30年にわたり、難民・移民に無償診療を続けている「メータオ・クリニック」。

国際ボランティアとして、体当たりで赴任した日本の医療従事者たちが、現地スタッフや患者とともに戸惑い、傷つき、成長し、交流と支援を続けた10年間を綴った珠玉のリレーエッセイ。

◎渋谷敦志氏(本書収録「いのちを支えるつながりを見つめて」より)
〈医療がそこにある。医療者がそこにいる。ただそれだけの事実が、わらにもすがる思いでやってくる患者たちをどれだけ勇気づけていることだろう。「メータオ・クリニック支援の会(JAM)」の活動は、国境という困難を生きる民、文字通りの「難民」たちの生を肯定するエールになっていたし、参加するメンバー一人ひとりが思いやりと行動力を兼ねそなえた愛すべきヒューマニストだと思う。ただ、裏方から支えることに徹するJAMにはそのことを鼻にかけてアピールする人はいないので、代わりにぼくがメンバーへの敬意も込めて、この場で読者に伝えておきたい。〉

◎リレーエッセイ執筆者
田邉文(医師/2009〜2010年)、前川由佳(看護師・保健師/2011〜2013年)、田畑彩生(看護師・保健師/2012〜2014年)、鈴木みどり(看護師/2014〜2015年)、神谷友子(看護師・保健師/2015〜2017年)、齊藤つばさ(看護師・保健師/2017〜2018年)、梶藍子(看護師/2007〜2009年)

〈それぞれの人がそれぞれの事情を抱えながら、国境を越えクリニックにやって来る。帰る場所がある人もない人も、ここで治療し、働き、ほかの患者を助け、まるでここが自分の家のように生活している。〉…………本文より

【目 次】

[Ⅰ] 国境の難民診療所 〜体当たりの医療支援〜

「メータオ村」で過ごした日々(2009.6-2010.8)
田邉 文(第二代派遣員/医師)


[Ⅱ] 国境の医療者たち 〜なんでも屋、ときどき看護師〜

国境の医療者たちの強さと優しさ(2011.8-2013.9)
前川由佳(第三代派遣員/看護師・保健師)

きっとたくさんある「私にできること」(2012.7-2014.9)
田畑彩生(第四代派遣員/看護師・保健師)


[Ⅲ] 国境の変化のなかで 〜できることを一歩ずつ〜

いまできることを明日からもひとつずつ(2014.8-2015.9)
鈴木みどり(第五代派遣員/看護師)

すぐに変わらなくても自分にできることを(2015.8-2017.9)
神谷友子(第六代派遣員/看護師・保健師)

看護スタッフたちの成長を見守って(2017.8-2018.9)
齊藤つばさ(第七代派遣員/看護師・保健師)


[Ⅳ] 国境を見つめ続けて

国境の未来を見つめて(2007.7-2009.5)
梶 藍子(初代派遣員/看護師)

日本のみなさんへ
シンシア・マウン(メータオ・クリニック院長/医師)

一〇年にわたる活動を振り返って
小林 潤(メータオ・クリニック支援の会代表/医師)

いのちを支えるつながりを見つめて
渋谷敦志(写真家、フォトジャーナリスト)

メータオ・クリニック支援の会(JAM)とともに歩んで
——寄せ書き JAM設立一〇周年と本書出版に寄せて


あとがきにかえて
渡邊稔之(メータオ・クリニック支援の会 書籍担当/医師)

【書 誌】

タイトル
国境の医療者
ISBN
9784787719027
著者
メータオ・クリニック支援の会 渋谷 敦志
出版社
新泉社
出版年
20190402

リンク

Resource : openBD

難民も、移民も、事情があって国を離れた人を指す言葉です。​出入国在留管理庁の発表によると、日本で2020年に難民認定され...
異文化理解・異文化コミュニケーションに関する本を紹介します。【和泉図書館1階で,11月21日まで展示中】
秋というより通り越してすっかり寒くなった気がします。​10月も後半ですが、MBAが担当する和泉図書館の本棚のラインナップ...
​中野図書館 10月のオススメ本棚「法を味方に」​未知のウイルスが流行しようとも社会で生活する限り私たちは人と関わらずに...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展 「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、 「④地域...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展 「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、 「③地域...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展 「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、 「②メデ...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、「①放送の歴史」...
中野図書館 10月のオススメ本棚「あなたにとって実現可能なSDGsとは?」​​最近よく耳にする「SDGs」という言葉、詳...
2021年10月8日開催「第2回読書人カレッジ」でお話していただく佐々涼子さん関連本です。
お家での時間をどのようにお過ごしでしょうか? 読書やラジオ鑑賞など、様々な工夫をされているかと思います。 そうした毎...
コロナ禍でストレスが溜まる日々ですね。 「人に話を聞いて欲しい」という人,一方「自分でよければ話を聴かせてほしい」と考...