テーマ
第二次世界大戦の記録

第二次世界大戦中の日記や手紙を中心としたリスト

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

skantzochoiros
テーマ別本のリスト
タグ
ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

skantzochoiros

テーマ別本のリスト

タグ

skantzochoiros

テーマ別本のリスト
 
総件数
27テーマ

第二次世界大戦中の日記や手紙を中心としたリスト
タイプ
リスト
公開状態
公開
タグ
#第二次世界大戦 #WWII #日記 #手紙
登録件数
24

リンドバーグ第二次大戦日記 / チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ 著,新庄哲夫 訳,Lindbergh, Charles Augustus, 1902-1974,新庄, 哲夫, 1921-2006,

【書 誌】

タイトル
リンドバーグ第二次大戦日記
ISBN
著者
チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ 著,新庄哲夫 訳,Lindbergh, Charles Augustus, 1902-1974,新庄, 哲夫, 1921-2006,
出版社
新潮社
出版年
2014-01-28

リンク

新型肺炎が世界を襲っている。中国では死者数が日々増えていき,まるで戦争をしているような物々しさだ。TVやSNSで流れる情報は,私達を「恐れ」させている。その「恐れ」が,私達にマスクをつけさせ,アルコール消毒を促している。これはいいことだ。一方,この「恐れ」がこれ以上大きくなったとき,私達がどのような行動をとるのか,そこに未来がある。私達を突き動かす「恐れ」とは,その源流はどこにあるのか?

0 View   リスト     33

テーマ
野球の奥底

監督がボソボソとつぶやく。選手は汗だくの首元を拭うこともせず,ただ聞き入っている。ベンチの中の野球。それを見せてくれた監督。野球は,間のスポーツ。一つ一つのプレーの合間にこそ本質が隠れている。それを知らしめてくれた監督。きっと,どこかにシューレスジョージャクソンとフィールドオブドリームスがあって,プレーをしているに違いない。監督の夢はまだ続く。野球ファンの夢も続いている。

40 View   リスト     29

子供の頃,白黒テレビの中の大統領は輝いていた。日本には存在しない大統領という響き。そこにはいかなる根拠もない漠然とした幸福感とあこがれがあった。そして現代,巨大な権力を持つ大統領は,何を信じ,何を普通の人々に見せようとしているのか。エビデンスが私達のすべてを縛り付けているこの時代に,大統領の存在が持つ意味を問う。

34 View   リスト     34

世界中にある庭園たち。日本庭園,英国式庭園,イスラーム式庭園,中国庭園。人々はどの場所でも何時の時代も庭園を作り,眺め,愛で,共に生活を送ってきました。世界中の庭園を通じてそれを作った人々や国を理解できれば,世界が広がるに違いありません。日本を知るために日本庭園を知る,世界を知るために世界の庭園を知る。まずはお気に入りの1冊を手にとってください。

75 View   リスト     31

カンボジアといえば,アンコールワット。その神々しさと雄大さは人を惹きつけて止まない。それと同時に,ささやかな幸せを願うためにこれほどの寺院を作れる人の手が,同じほど苛烈な惨劇を生み出すことができる現実を私達につきつける。カンボジアはまさに,人間の叡智と邪心が交差した場所。戦の煙で世界が霞みそうな今だからそこ,もう一度,知っておきたいこともある。

95 View   リスト     30

EUは崩壊の危機に直面しているのか?それとも次なる飛躍への痛みなのか?ブレクジットは,どのような結果をもたらすのか。遠い世界に見えるEUは,アジアに暮らす私達の未来を示しているのかもしれない。理想主義が明るい未来に導くのかどうかは,先に繁栄を手にした私達に委ねられている。

99 View   リスト     27

世界には,まだまだ訪ねたい場所がいろいろある。美術館に博物館,世界遺跡や想像を超える景色。その地に思いを馳せるだけでワクワクしてくる。何も知らずに訪れるか,それとも準備をしっかりして楽しむか。これから尋ねる場所には,かならず物語がある。読んでからかいく,それもきっと,私たちのワクワクを増幅する一つの手段に違いない。

115 View   リスト     28

第二次世界大戦中の日記や手紙を中心としたリスト

182 View   リスト     24

生活は疲れます。精神的・肉体的ストレスや自然災害,不確定な未来と漠然とした不安。考え始めたらきりがありません。しかし,人の営みが始まって現代に至るまで,人が疲れない,ストレスがない時があったのでしょうか?どこかで誰かが悩み,考え,疲れていたはずです。そう考えると,疲れとは生きていくことの一部とも言えます。疲れの中に何かをみつける。それが上手くいくヒントなのかもしれません。

199 View   リスト     32