埼玉県立図書館

埼玉県立図書館のページです。
 
総件数
47テーマ

このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、「①放送の歴史」​の資料リストです。

​1925年のラジオ放送開始から現在まで、日本における放送の歩みを振り返ります。

​②~④の資料リストは以下のリンクからご覧ください。
「​②メディアと災害・防災」
「③地域のテレビ」
「④地域のラジオ」

2
タイプ
展示
展示期間
展示終了  2021-10-16 >> 2021-12-19
展示場所
埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー
公開状態
公開
公開予定日
2021-10-16
登録件数
展示   49
アクセス数
409 View

DX時代の信頼と公共性 / 民放連研究所客員研究員会 -- 9784326603299

図書館所蔵を確認
制度、ビジネスモデル、ニュース、そして視聴者という四つの視点から展開されていく現状と未来予想図は、ともすれば小難しく感じてしまうかもしれません。しかし一度フタを開けばスマホでラジオが聞けるアプリ「radiko」や一定期間テレビ番組を後から視聴可能にする「TVer」、いつの間にか広がって人々に伝染していく「フェイクニュース」など、身近な具体例が並んでいます。 テレビとインターネットを中心とした本ですが、ここで問われた未来にワクワクする一冊です。

【概 要】

ネット同時配信等ネット融合が本格的に始まった現在、放送メディアはどこを目指せばいいのか。多角的な議論を土台にアプローチする。

これからの放送はどうあるべきか。放送を巡る制度、公共性、フェイクニュース、災害報道、テレビへの視聴者の信頼やニーズ、ネットとの競合とすみ分け、放送メディアのビジネルモデルなど、DXが進行するなか、放送メディアが抱える課題や問題を掘り下げる。日本民間放送連盟研究所の客員研究員による成果集。

【目 次】

はしがき

第Ⅰ部 放送を巡る制度と公共性

第1章 「放送」概念についての覚え書き──通信と放送の融合を見据えて[林 秀弥]
 第1節 はじめに
 第2節 放送と通信の区別基準──歴史的経緯
 第3節 若干の考察
 第4節 結びにかえて

第2章 「2040年問題」から考える放送制度[宍戸常寿]
 第1節 はじめに
 第2節 2040年問題とは何か
 第3節 放送事業への影響
 第4節 「放送を巡る諸課題に関する検討会」とのかかわり
 第5節 放送制度の課題
 第6節 「2040年問題」と放送サービスの未来像

第3章 2036年の放送を展望する──英国の放送事情と日本の放送政策[中村伊知哉・菊池尚人]
 第1節 英国の放送事情
 第2節 Britbox
 第3節 英国のハード
 第4節 日英の放送環境
 第5節 最近の日本での議論
 第6節 データ利用
 第7節 AI社会
 第8節 社会構造の変化
 第9節 提言

第4章 サイマルキャスティング、ウェブキャスティングの国際制度比較──送信可能化からCommunication to the publicへ[菊池尚人]
 第1節 イントロダクション
 第2節 RADIKO
 第3節 実演家の放送、同時再送信等に関する権利の国際比較
 第4節 EUにおける放送とcommunication to the public
 第5節 国際条約とEU指令
 第6節 放送法制と著作権法制
 第7節 制度改正
 第8節 おわりに

第5章 放送の公共性と放送人の倫理感の生長──放送人研修の課題と可能性[音 好宏]
 第1節 はじめに
 第2節 「放送人」の職能理念
 第3節 放送現場における「放送の公共性」の生長
 第4節 日本における放送現場の研修の特質
 第5節 「放送人」育成の黎明
 第6節 「放送人」育成システムの発展
 第7節 まとめ──「放送人」育成システムの再構築

第Ⅱ部 ビジネスモデルと戦略

第6章 民間放送局のビジネスモデル──デジタル時代における新たな展開はあるか[河島伸子]
 第1節 はじめに──デジタル・ディスラプションの衝撃
 第2節 ビジネス環境の変化と新たな価値連鎖
 第3節 ビジネスモデルの変化
 第4節 民放局のビジネスモデル──3つの脅威
 第5節 放送のネット配信へ──今後の課題
 第6節 最後に

第7章 媒体と媒体の競争──テレビの対ネットすみ分け戦略と追随戦略[内山 隆]
 第1節 媒体と媒体の競争
 第2節 1950年代から70年代の映画の苦境と対応策
 第3節 インターネットがもつユビキタスの思想と媒体特性
 第4節 インターネットと紙媒体、音声媒体
 第5節 紙と音はどう対応してきたか?
 第6節 インターネットと映像媒体
 第7節 インターネット事業者との競争属性
 第8節 インターネット映像配信の技術的小史
 第9節 放送事業──伝送路とコンテンツ
 第10節 テレビのすみ分け戦略──放送型ブロックバスター戦略
 第11節 ドメスティックな放送にグローバル競争
 第12節 ブロックバスター戦略とファンドレイジング
 第13節 テレビの追随戦略──ネット配信事業の拡充
 第14節 広告市場における対ネット追随戦略とすみ分け戦略
 第15節 まとめ

第Ⅲ部 ニュース

第8章 人びとはフェイクニュースにどう反応するか──日・韓・タイの比較を通じて[三友仁志、ジョン・ウィリアム・チェン、アティマー・カンプリアン、徐 映京]
 第1節 はじめに
 第2節 フェイクニュースとは
 第3節 分析デザイン
 第4節 分析のためのデータ
 第5節 フェイクニュースに対する反応──分析結果
 第6節 おわりに

第9章 デジタル時代のローカルニュースのイメージ──災害報道から考える[奥村信幸]
 第1節 ローカル放送局が直面する問題とは
 第2節 「デジタルでも役に立つニュース」のために
 第3節 ローカルテレビは何をしていけばいいのか
 第4節 改革を阻む要因は何か
 第5節 デジタルメディアへの展望
 第6節 デジタル・テクノロジーへの投資

第Ⅳ部 視聴者

第10章 テレビに対する信頼度と娯楽系番組選好の関係[渡邊久哲]
 第1節 テレビに対する信頼の分布
 第2節 スマホとテレビの「信頼性」比較
 第3節 テレビに関する制度的知識や接触程度とテレビへの信頼の関係
 第4節 娯楽系番組選好および親近感とテレビへの信頼の関係
 第5節 まとめ

第11章 インターネットを通じたテレビ番組の視聴について──タイムシフト視聴とTVer利用[春日教測・宍倉 学]
 第1節 はじめに
 第2節 インターネットを通じたコンテンツ提供に関する論点
 第3節 タイムシフト視聴の動向
 第4節 TVer利用促進のために──録画機器との比較
 第5節 おわりに

第12章 放送ネット同時配信の海外における実態と日本でのニーズ[木村幹夫]
 第1節 はじめに
 第2節 米英独における放送のネット同時配信の利用実態
 第3節 日本における放送のネット同時配信利用意向
 第4節 日本におけるテレビ放送の常時同時配信への示唆
 第5節 おわりに

索 引

【書 誌】

タイトル
DX時代の信頼と公共性
ISBN
9784326603299
著者
民放連研究所客員研究員会
出版社
勁草書房
出版年
20200829
登録番号
103322624
請求記号
699/テイ
展示場所
熊谷図書館2階ロビー

リンク

Resource : openBD

近年、農業への関心が高まっています。環境に対する意識の高まりや健康志向を背景とした「フードテック」への注目、農業にIoT...
Pride(プライド)は一般的には「誇り」を意味する名詞ですが、「LGBTQ+(性的少数者)が自分らしく生きようとする思...
コロナ禍で2年が経ち、大学も通常の対面授業が行われるようになり、賑やかさも戻っています。その中で、なんだか落ち着かないな...
大学の4年間は、読書の黄金時代です。 読解力が備わり、感性が豊かで、読書傾向も柔軟。いま読まないなんて、もったいない!...
受験勉強から解放されるって、なんだかとんでもなく自由になった気分ですね。自由な大学生になって、授業にでてみたけれど、あれ...
洋館、レトロビル、純喫茶、横丁。「レトロ」とは、古いものを好むこと。大正ロマン、昭和レトロのブームに加え、最近は平成の二...
生田図書館「本への誘い」コーナー​自分の日記を読み返すと死ぬほど痛いのに、 他人の日記はなんでこう面白いのか?って考え...
誰もが学校生活で手に取ったことがある教科書。 今回の展示では、そんな教科書に関する様々な資料を集めました。 明治期から...
2022年3~4月購入分の一部を紹介します。どうぞご利用ください!​※現在、ダウンロードができません。閲覧利用のみとなり...
中野図書館 4月のオススメ本棚「今日から始めるベーシックレッスン」​​小学生~高校生のための入門書を集めました。​子ども...
生田図書館「本への誘い」コーナー​新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 在学生の皆さん、こんにちは。 学生時...