ナラベル運営チーム

ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。
#ICT技術 #Webサービス #図書館 #システム開発
 
総件数
31テーマ

 緊急事態宣言による外出自粛期間に見続けていたのは,テレビでも映画でもなく,ボクシング動画だった。社会全体を包むネガティブな空気に毒されることなく,比較的上手に自粛期間を乗り越えられたのは,ボクサー達のおかげに他ならない。ボクシングはいつでも,私の胸を熱くする起爆剤のようなものなのだ。
​ それにしてもこの期間に改めて驚嘆したのは,現在軽・中量級最強と言われる井上尚弥の信じがたいほどの強さだ。ボクシング未経験かつテレビ観戦中心の私のようなボクシングファンにもその凄さは圧倒的に伝わってくる。過去,これが当たれば必ず倒れるという一撃を持つボクサーは数多いた。山中慎介の左ストレート長谷川穂積の右カウンター辰吉丈一郎のボディフック,そのパンチが敵を捉えた瞬間,勝者と敗者が確定し,リングに立ち続けた者は全てを手に入れる。しかし,井上尚弥は違う。すべてが卓越しているのだ。一つのパンチ,一つの動き,すべてが極み。「敵のパンチより先に自分のパンチを打ち込む」,言葉にすればボクシングは単純だ。しかし,リングの上の戦いは幾重もの鍛錬と鋼の意志が交差する全身全霊を賭した修羅場である。そこで起こりうることが単純であるはずがない。しかし稀に,リング上の全ての出来事を簡単にしてしまうボクサーが登場する。井上尚弥とはそういったボクサーなのだ。あるボクシングファンは井上尚弥をこう評した。【井上尚弥はリングの上に立つ正義である】確かに,この評は100%正しい。まさにそのとおり,膝を打つしかない。強さを超えた地点にある正義,井上尚弥は今,それを体現している。ボクサーはすべからく強い。なぜならその性として,自らを追い込み,リング上での勝利をただひたすらに渇望するゆえに。ボクサーは自らが選び,そして選ばれた存在であるからこそ,強さを超越した時,正義を身に纏うに相応しい。大人になって久しく見ることのできなくなった「正義」,それを私達は憧れの眼差しと共に比類なき強さを持つボクサーの背中に見る。ボクサーが戦い続けてるのは自分のため,決してリングに上がれない私達のために戦ってはくれない。だからこそ,リングに上がれない私達たちは私達なりの「正義」を見つける必要がある。ボクサーのように生きることを望むのであれば。
​ 10年ほど前,「正義ブーム」があったことを記憶してる人も多いだろう。ハーバード熱血教室で思い出す人もいるかもしれない。ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の著書「これからの正義の話をしよう」は世界中でベストセラーになった。多くの場合,人はなかなかにややこしい存在だ。単純とは程遠い。単純化できるとしても,それを何かが邪魔をする。サンデル教授は有名な「トロッコ問題」を使って学生たちに問いかける。しかし現実は「トロッコ問題」よりも更に頑迷だ。テロに格差,人種差別に地球温暖化,少子高齢化にグローバリズム,これらの問題のどこかに「正義」はあるのだろうか。それなのに,「正義ブーム」はいつのまにかひっそりと消えてしまった。それはまるで,真のチャンピオンが消え,ただ強いだけのボクサーが残ったリングのよう。しかし今,私達は真のチャンピオンと同じ時を生きている。ならば,もう一度,「これからの正義」について話してみるのも悪くないではないか。
​ いつか必ず井上尚弥を超えるボクサーが現れる時が来る。本人の衰えにより負けが訪れるのは必然ではあるが,井上尚弥の今の強さと衰えが,ピーク時の井上尚弥を超えるボクサーを生み出す。例えば,辰吉丈一郎が幾度もの激戦の末衰え,ウィラポン・ナコンルアンプロモーションにめった打ちにされた時のように。また,6年を超えて王座を防衛し,【リンク上の正義】となったウィラポン・ナコンルアンプロモーションが完璧なまでの右カウンターをもつ長谷川穂積に完膚なきまでにノックアウトされてその座を降りた時のように。ボクシングの勝敗には時の運がある。しかし,正義には時の運が付け入る隙はない。だからこそ【リングの上の正義】は勝ち続けなければならない。ボクシングでは,正義を倒すのは次のさらなる強大な正義なのだから。

0
タイプ
リスト
公開状態
公開
公開予定日
2020-09-03
タグ
#マイケル #サンデル #ボクシング #正義 #井上尚弥 #辰吉
登録件数
リスト   31
アクセス数
768 View

これからの「正義」の話をしよう : いまを生き延びるための哲学 / Sandel, Michael J Sandel, Michael J. 鬼澤 忍 サンデル マイケル -- 9784152091314

図書館所蔵を確認

【概 要】

哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。ハーバード大学史上空前の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー、待望の邦訳。

【目 次】

第1章 正しいことをする
第2章 最大幸福原理-功利主義
第3章 私は私のものか?-リバタリアニズム(自由至上主義)
第4章 雇われ助っ人-市場と倫理
第5章 重要なのは動機-イマヌエル・カント
第6章 平等をめぐる議論-ジョン・ロールズ
第7章 アフォーマティブ・アクションをめぐる論争
第8章 誰が何に値するか?-アリストテレス
第9章 たがいに負うものは何か?-忠誠のジレンマ
第10章 正義と共通善

【書 誌】

タイトル
これからの「正義」の話をしよう : いまを生き延びるための哲学
ISBN
9784152091314
著者
Sandel, Michael J Sandel, Michael J. 鬼澤 忍 サンデル マイケル
出版社
早川書房
出版年

リンク

Resource : openBD

SDGs目標8​すべての人のための継続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、​生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働...
仕事に役立てるため?学校の課題のため?それとも興味があるから?​一言で「読書」といっても、本との向き合い方は人それぞれ。...
「緑陰」とは青葉の茂った木立のかげのことで,全国学校図書館協議会では,夏休みの間に読書に親しみ、多くの読書をすすめるため...
中野図書館 7月オススメ本棚「あのひとの足跡」​​今回は多くの人が知っている有名な人の本を集めてみました。​私たちの知ら...
一口に「プレゼン」といっても 情報収集・資料作成・話す技術… さまざまなスキルが必要です。情報を「集める」「まとめる...
「はじめてのレポート作成,一体どうすれば良いの?」 「またレポートか。うまく仕上がったためしがない。」 まるで梅雨の...
中野図書館 7月のオススメ本棚「試験対策応援!」​​​図書館の資料には学習に役立つ資料がたくさんあります。上手に活用して...
2021年7月7日開催「第1回読書人カレッジ」でお話していただく小林エリカさん関連本です。
SDGs目標4​すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、 生涯学習の機会を促進する
神社の入り口などに置かれている二匹の「狛犬(こまいぬ)」の像。実は元々「獅子」と「狛犬」という、左右で違う動物が対になっ...
中野図書館 6月のオススメ本棚「ちょっとマニアックな建築の世界」​​長い歴史を経て今なお残る名建築から、近未来を感じさせ...
月は6月、いよいよ梅雨のシーズンがやってまいりました。​外出も躊躇う…そんな時は室内でゆっくり読書をしませんか。​積んで...