埼玉県立図書館

埼玉県立図書館のページです。
 
総件数
37テーマ

災害は、突如として日常を脅かします。
​昨今増えてきたゲリラ豪雨や、いつか訪れると言われる都市直下型地震など、憂慮を数え上げればきりがありません。

​今回の展示では、防災の本だけではなく、歴史上の災害について書かれた本も御紹介しています。
​ いつどのタイミングで遭遇するかもしれない災害と、それでも生きていくことについて、本を通して考えてみませんか。

​埼玉県立図書館『【熊谷】ミニ展示「災害と生きる」』のウェブページは こちら です。

0
タイプ
展示
展示期間
展示終了  2020-08-25 >> 2020-09-24
展示場所
埼玉県立熊谷図書館2F閲覧室
公開状態
公開
公開予定日
2020-08-23
タグ
#災害 #防災 #地震 #ゲリラ豪雨 #噴火
登録件数
展示   49
アクセス数
858 View

きちんと逃げる。 : 災害心理学に学ぶ危機との闘い方 / 広瀬 弘忠 -- 9784757219700

図書館所蔵を確認

【概 要】

危機に直面したとき、人はどう考え、どう動いたのか?「自分だけ逃げるのは、卑怯」は、なぜダメなのか?「想定外」という言葉に隠された嘘とは?災害心理学研究の第一人者が、「生き残る」ための教訓を緊急提言。

【目 次】

1章 前代未聞の複合災害-災害のドミノ倒しが引き起こされた(過去に例を見ない複合型の災害
人間の営みが自然災害の被害を拡大 ほか)
2章 リスク管理が致命的に弱い日本-原発事故は天災か人災か(危機意識に欠けた政府と東京電力
リスクに無防備な日本人 ほか)
3章 過酷な災害下で顕れた国民性-"冷静な国民"と賛辞された人々(立ち直るきっかけがつかめない人々
災害時に確立される「非常時規範」 ほか)
4章 復興後進国にならないためには-3・11を日本が生まれ変わる転機にする(災害被害の大きさは国力と反比例する
能動的安全性を強化しても完全な防災は不可能 ほか)

【書 誌】

タイトル
きちんと逃げる。 : 災害心理学に学ぶ危機との闘い方
ISBN
9784757219700
著者
広瀬 弘忠
出版社
アスペクト
出版年
登録番号
102446267
請求記号
369.31/キチ/
展示場所
埼玉県立熊谷図書館2F閲覧室

リンク

Resource : openBD

難民も、移民も、事情があって国を離れた人を指す言葉です。​出入国在留管理庁の発表によると、日本で2020年に難民認定され...
異文化理解・異文化コミュニケーションに関する本を紹介します。【和泉図書館1階で,11月21日まで展示中】
秋というより通り越してすっかり寒くなった気がします。​10月も後半ですが、MBAが担当する和泉図書館の本棚のラインナップ...
​中野図書館 10月のオススメ本棚「法を味方に」​未知のウイルスが流行しようとも社会で生活する限り私たちは人と関わらずに...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展 「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、 「④地域...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展 「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、 「③地域...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展 「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、 「②メデ...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、「①放送の歴史」...
中野図書館 10月のオススメ本棚「あなたにとって実現可能なSDGsとは?」​​最近よく耳にする「SDGs」という言葉、詳...
2021年10月8日開催「第2回読書人カレッジ」でお話していただく佐々涼子さん関連本です。
お家での時間をどのようにお過ごしでしょうか? 読書やラジオ鑑賞など、様々な工夫をされているかと思います。 そうした毎...
コロナ禍でストレスが溜まる日々ですね。 「人に話を聞いて欲しい」という人,一方「自分でよければ話を聴かせてほしい」と考...