埼玉県立図書館

埼玉県立図書館のページです。
 
総件数
30テーマ

災害は、突如として日常を脅かします。
​昨今増えてきたゲリラ豪雨や、いつか訪れると言われる都市直下型地震など、憂慮を数え上げればきりがありません。

​今回の展示では、防災の本だけではなく、歴史上の災害について書かれた本も御紹介しています。
​ いつどのタイミングで遭遇するかもしれない災害と、それでも生きていくことについて、本を通して考えてみませんか。

​埼玉県立図書館『【熊谷】ミニ展示「災害と生きる」』のウェブページは こちら です。

0
タイプ
展示
展示期間
展示終了  2020-08-25 >> 2020-09-24
展示場所
埼玉県立熊谷図書館2F閲覧室
公開状態
公開
公開予定日
2020-08-23
タグ
#災害 #防災 #地震 #ゲリラ豪雨 #噴火
登録件数
展示   49
アクセス数
752 View

きちんと逃げる。 : 災害心理学に学ぶ危機との闘い方 / 広瀬 弘忠 -- 9784757219700

図書館所蔵を確認

【概 要】

危機に直面したとき、人はどう考え、どう動いたのか?「自分だけ逃げるのは、卑怯」は、なぜダメなのか?「想定外」という言葉に隠された嘘とは?災害心理学研究の第一人者が、「生き残る」ための教訓を緊急提言。

【目 次】

1章 前代未聞の複合災害-災害のドミノ倒しが引き起こされた(過去に例を見ない複合型の災害
人間の営みが自然災害の被害を拡大 ほか)
2章 リスク管理が致命的に弱い日本-原発事故は天災か人災か(危機意識に欠けた政府と東京電力
リスクに無防備な日本人 ほか)
3章 過酷な災害下で顕れた国民性-"冷静な国民"と賛辞された人々(立ち直るきっかけがつかめない人々
災害時に確立される「非常時規範」 ほか)
4章 復興後進国にならないためには-3・11を日本が生まれ変わる転機にする(災害被害の大きさは国力と反比例する
能動的安全性を強化しても完全な防災は不可能 ほか)

【書 誌】

タイトル
きちんと逃げる。 : 災害心理学に学ぶ危機との闘い方
ISBN
9784757219700
著者
広瀬 弘忠
出版社
アスペクト
出版年
登録番号
102446267
請求記号
369.31/キチ/
展示場所
埼玉県立熊谷図書館2F閲覧室

リンク

Resource : openBD

SDGs目標8​すべての人のための継続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、​生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働...
仕事に役立てるため?学校の課題のため?それとも興味があるから?​一言で「読書」といっても、本との向き合い方は人それぞれ。...
「緑陰」とは青葉の茂った木立のかげのことで,全国学校図書館協議会では,夏休みの間に読書に親しみ、多くの読書をすすめるため...
中野図書館 7月オススメ本棚「あのひとの足跡」​​今回は多くの人が知っている有名な人の本を集めてみました。​私たちの知ら...
一口に「プレゼン」といっても 情報収集・資料作成・話す技術… さまざまなスキルが必要です。情報を「集める」「まとめる...
「はじめてのレポート作成,一体どうすれば良いの?」 「またレポートか。うまく仕上がったためしがない。」 まるで梅雨の...
中野図書館 7月のオススメ本棚「試験対策応援!」​​​図書館の資料には学習に役立つ資料がたくさんあります。上手に活用して...
2021年7月7日開催「第1回読書人カレッジ」でお話していただく小林エリカさん関連本です。
SDGs目標4​すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、 生涯学習の機会を促進する
神社の入り口などに置かれている二匹の「狛犬(こまいぬ)」の像。実は元々「獅子」と「狛犬」という、左右で違う動物が対になっ...
中野図書館 6月のオススメ本棚「ちょっとマニアックな建築の世界」​​長い歴史を経て今なお残る名建築から、近未来を感じさせ...
月は6月、いよいよ梅雨のシーズンがやってまいりました。​外出も躊躇う…そんな時は室内でゆっくり読書をしませんか。​積んで...