埼玉県立図書館

埼玉県立図書館のページです。
 
総件数
63テーマ

テレビを見ているとき、街を歩いているとき、電車に乗っているとき、ふと目にとまった広告。 なんとなく気になって調べたり、お店に入ったりしてみた。 そんな経験はありませんか。

​ 魅力的なキャッチコピーやデザインの広告作品集、広告を生み出すクリエイターを描いた本、広告の歴史がわかる本など、広告に関する資料を幅広く集めました。

​ 私たちを惹きつけることばとデザインの秘密に迫ります。

​埼玉県立図書館「【熊谷】ミニ展示「こころに刺さることば・デザイン」のウェブページはこちらです(埼玉県立図書館のウェブサイトに移動します)

0
タイプ
展示
展示期間
展示終了  2020-07-28 >> 2020-08-23
展示場所
埼玉県立熊谷図書館2階閲覧室
公開状態
公開
公開予定日
2020-07-28
登録件数
展示   37
アクセス数
1428 View

【概 要】

◆「モーレツからビューティフルへ」「不思議、大好き」「24時間たたかえますか」……。新聞・雑誌の広告やラジオ・テレビのCMを彩るキャッチフレーズは、それぞれの時代の空気を見事に映し出してきた。傑作・話題作の生まれた背景やそれらが呼びおこした社会的反響をふり返りながら、広告と世相とのかかわりを明らかにするユニークな名作コピー史。

◆今年創立55周年を迎える、世界最大規模のコピーライター集団「東京コピーライターズクラブ(TCC)」。中村禎氏や糸井重里氏、福里真一氏、梅田悟司氏など、数々の有名なコピーライターが所属する。TCCの歴史は日本のコピーライターにおける歴史ということも出来る。今回は55周年の記念事業として、TCCに属する先鋭のコピーライターたちの証言や膨大なアーカイヴ、著名コピーライターたちへのインタビューをもとに、時代を反映したコピーの歴史を振り返る。

◆広告に興味がある学生の方、商品開発の担当者、広告業界関連者におすすめの一冊。

【目 次】

第一章 コピー十日会の時代

第二章 コピーライターの時代到来

第三章 コピーライターの境界を超えて

【書 誌】

タイトル
コピーライターほぼ全史
ISBN
9784532322434
著者
東京コピーライターズクラブ 鈴木 隆祐
出版社
日本経済新聞出版社
出版年
20190528
登録番号
103196598
請求記号
674.21/コヒ
展示場所
埼玉県立熊谷図書館2階閲覧室

リンク

Resource : openBD

現在、熊谷と久喜の2館で「情報の探しかた講座」が開催されています。​ これにちなんで、「情報リテラシー」をテーマに資料を...
レポートやゼミでのプレゼン、どう準備すればいい?​ 文章のまとめ方や分かりやすく気の利いたデザインなどいろいろなアイデア...
日々の生活の基本である「食」​食は生命活動から社会活動、精神活動まで、あらゆる活動の根源です。​食が織り成す人の生活構造...
【 ニッチ : niche 】; 隙間 / ユニーク。マニアックの意。​自分だけが知っているのかも。これ以上に贅沢な知...
ミニ展示開催初日の10月29日には、​「埼玉県立図書館百周年記念資料展」を熊谷図書館で開催しています。​​ そこで...
生田図書館 本への誘いコーナー なぜ時間どおりに仕事が終わらないのか?時間に追われる・・・ いつも「時間」がないあなた...
11月4-6日に公演が行われる明治大学シェイクスピアプロジェクト関連の展示です。​シェイクスピア作品のほか、演劇論、劇場...
2004年にスウェーデンの大学教授エリック・ストルターマンによって提唱された「DX(デジタル・トランスフォーメーション)...