埼玉県立図書館

埼玉県立図書館のページです。
 
総件数
39テーマ

不安が胸のうちにあると、ざわざわとした気持ちになりますね。
​不安だけではなく、笑い、悲しみ、怒りといった、感情とうまくつきあっていく手がかりとなってくれそうな本たちです。

​埼玉県立熊谷図書館 ロビー展示「ほんのひといき」の資料リスト①です。


タイプ
展示
展示期間
展示終了 2020-05-23    2020-07-12
展示場所
埼玉県立熊谷図書館2Fロビー
公開状態
公開
タグ
#ほんのひといき
登録件数
16

「かなしみ」の哲学 : 日本精神史の源をさぐる / 竹内 整一 -- 9784140911471

図書館所蔵を確認

【概 要】

わたしたちは古代から今にいたるまで、「かなしみ」を主題にした歌や物語に慣れ親しんできた。本来厭うべきであるはずのこの感情を積極的に享受し表現してきた日本人の態度から、どのような世界観を引き出すことができるのか。かなしむ「われ」(自分)の中に、日本的美意識や倫理感覚が生まれる瞬間を見定め、かぎりある人間とかぎりのない世界との関係の本質に迫る、日本思想研究の精髄を注ぎ込んだ力作。

【目 次】

第1章 「かなしみ」という問いの原点
第2章 「かなしみ」の力
第3章 「かなし」という言葉の歴史
第4章 他者に向かう「かなしみ」
第5章 神・仏と「かなしみ」
第6章 「われ」という「かなしみ」
第7章 別れの「かなしみ」
第8章 「かなしみ」の表現
第9章 有限性/無限性の感情としての「かなしみ」

【書 誌】

タイトル
「かなしみ」の哲学 : 日本精神史の源をさぐる
ISBN
9784140911471
著者
竹内 整一
出版社
日本放送出版協会
出版年
登録番号
102233814
請求記号
121.04/カナ
展示場所
埼玉県立熊谷図書館2Fロビー

リンク

Resource : openBD

テレビを見ているとき、街を歩いているとき、電車に乗っているとき、ふと目にとまった広告。 なんとなく気になって調べたり、...

144 View   展示     37

展示中
2020-07-28    2020-08-23

 八百万の神は,誰でも知っている日本古来からの言い伝えの一つ。人間は自然と共に生き,すべてのものに神が宿っている。山の神...

127 View   リスト     38

テーマ
緑陰読書

緑陰読書とは、先生方から「学生の皆さんに、夏休みに読んでほしい本」として推薦いただいた本の展示です。ぜひご覧ください!

676 View   展示     7

展示中
2020-07-31    2020-09-30

夏休みに読んでもらいたい、図書館スタッフおすすめ本を紹介します。

742 View   展示     81

展示中
2020-07-31    2020-09-30

『埃及紀行』は、大正11年10月に、建築史家の天沼俊一氏がエジプトを旅した際の旅行記です。​埼玉県立図書館では、田中重之...

312 View   展示     35

展示終了
2020-06-27    2020-07-26

 小鯵の南蛮漬けが好物の一つで,一時は月に4回は同じ寿司屋に通って飽きもせずに小鯵の南蛮漬けを食べ続けた。その寿司屋は惜...

223 View   リスト     27

私たちは暮らしの中で、たくさんの事柄に携わりながら生活しています。今回の展示では、身近なものの歴史に注目した資料を集めま...

328 View   展示     53

展示終了
2020-06-02    2020-06-25

今日の医療の成立は、現在最前線に立っておいでの医療関係者はもちろん、たくさんの先駆者の努力の積み重ねによるものです。​そ...

283 View   展示     24

展示終了
2020-05-23    2020-07-12

食事は、栄養を摂るために不可欠な行動であり、また日々の楽しみでもあります。​何気なく食べたり飲んだりしているものに、意外...

298 View   展示     20

展示終了
2020-05-23    2020-07-12