ナラベル運営チーム

ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。
#ICT技術 #Webサービス #図書館 #システム開発
 
総件数
31テーマ

EUは崩壊の危機に直面しているのか?それとも次なる飛躍への痛みなのか?ブレクジットは,どのような結果をもたらすのか。遠い世界に見えるEUは,アジアに暮らす私達の未来を示しているのかもしれない。理想主義が明るい未来に導くのかどうかは,先に繁栄を手にした私達に委ねられている。
0
タイプ
リスト
公開状態
公開
公開予定日
2019-12-17
タグ
#EU #ブレクジット #移民 #統合 #理想主義 #民主主義
登録件数
リスト   27
アクセス数
661 View

ヨーロッパがわかる : 起源から統合への道のり / 明石 和康 -- 9784005007615

図書館所蔵を確認

【概 要】

古代ギリシャからローマ帝国、十字軍、大航海時代、ルネサンス、フランス革命、二つの世界大戦、東欧民主化…、そして現在のEUへと至るヨーロッパ形成の過程をたどります。ユーロ危機をはじめ、様々な困難を克服しながら統合への努力を続ける欧州の歴史と今を描きます。

【目 次】

第1章 ヨーロッパの起点-カエサルから神聖ローマ帝国まで(ヨーロッパの起源
ギリシャとローマ ほか)
第2章 戦争に明け暮れた近代-国民国家と帝国主義、革命の時代(主役が入れ替わる近代ヨーロッパ
スペインとハプスブルク家 ほか)
第3章 不戦の誓いと統合のスタート-独仏連携築いた指導者たち(米ソ冷戦下のヨーロッパ
東西ドイツ分断とNATO創設 ほか)
第4章 一九八九年の革命-ドイツ統一とミッテラン外交(チェコスロバキアの革命
ミッテラン、コールの登場と市場統合 ほか)
第5章 ユーロは生き残れるか-欧州の未来展望(ユーロ発行、「深化・拡大」へ条約改定
デンマークの否決、国民意識とのかい離 ほか)

【書 誌】

タイトル
ヨーロッパがわかる : 起源から統合への道のり
ISBN
9784005007615
著者
明石 和康
出版社
岩波書店
出版年

リンク

Resource : openBD

SDGs目標8​すべての人のための継続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、​生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働...
仕事に役立てるため?学校の課題のため?それとも興味があるから?​一言で「読書」といっても、本との向き合い方は人それぞれ。...
「緑陰」とは青葉の茂った木立のかげのことで,全国学校図書館協議会では,夏休みの間に読書に親しみ、多くの読書をすすめるため...
中野図書館 7月オススメ本棚「あのひとの足跡」​​今回は多くの人が知っている有名な人の本を集めてみました。​私たちの知ら...
一口に「プレゼン」といっても 情報収集・資料作成・話す技術… さまざまなスキルが必要です。情報を「集める」「まとめる...
「はじめてのレポート作成,一体どうすれば良いの?」 「またレポートか。うまく仕上がったためしがない。」 まるで梅雨の...
中野図書館 7月のオススメ本棚「試験対策応援!」​​​図書館の資料には学習に役立つ資料がたくさんあります。上手に活用して...
2021年7月7日開催「第1回読書人カレッジ」でお話していただく小林エリカさん関連本です。
SDGs目標4​すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、 生涯学習の機会を促進する
神社の入り口などに置かれている二匹の「狛犬(こまいぬ)」の像。実は元々「獅子」と「狛犬」という、左右で違う動物が対になっ...
中野図書館 6月のオススメ本棚「ちょっとマニアックな建築の世界」​​長い歴史を経て今なお残る名建築から、近未来を感じさせ...
月は6月、いよいよ梅雨のシーズンがやってまいりました。​外出も躊躇う…そんな時は室内でゆっくり読書をしませんか。​積んで...