ナラベル運営チーム

ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。
#ICT技術 #Webサービス #図書館 #システム開発
 
総件数
31テーマ

EUは崩壊の危機に直面しているのか?それとも次なる飛躍への痛みなのか?ブレクジットは,どのような結果をもたらすのか。遠い世界に見えるEUは,アジアに暮らす私達の未来を示しているのかもしれない。理想主義が明るい未来に導くのかどうかは,先に繁栄を手にした私達に委ねられている。
0
タイプ
リスト
公開状態
公開
公開予定日
2019-12-17
タグ
#EU #ブレクジット #移民 #統合 #理想主義 #民主主義
登録件数
リスト   27
アクセス数
718 View

ヨーロッパがわかる : 起源から統合への道のり / 明石 和康 -- 9784005007615

図書館所蔵を確認

【概 要】

古代ギリシャからローマ帝国、十字軍、大航海時代、ルネサンス、フランス革命、二つの世界大戦、東欧民主化…、そして現在のEUへと至るヨーロッパ形成の過程をたどります。ユーロ危機をはじめ、様々な困難を克服しながら統合への努力を続ける欧州の歴史と今を描きます。

【目 次】

第1章 ヨーロッパの起点-カエサルから神聖ローマ帝国まで(ヨーロッパの起源
ギリシャとローマ ほか)
第2章 戦争に明け暮れた近代-国民国家と帝国主義、革命の時代(主役が入れ替わる近代ヨーロッパ
スペインとハプスブルク家 ほか)
第3章 不戦の誓いと統合のスタート-独仏連携築いた指導者たち(米ソ冷戦下のヨーロッパ
東西ドイツ分断とNATO創設 ほか)
第4章 一九八九年の革命-ドイツ統一とミッテラン外交(チェコスロバキアの革命
ミッテラン、コールの登場と市場統合 ほか)
第5章 ユーロは生き残れるか-欧州の未来展望(ユーロ発行、「深化・拡大」へ条約改定
デンマークの否決、国民意識とのかい離 ほか)

【書 誌】

タイトル
ヨーロッパがわかる : 起源から統合への道のり
ISBN
9784005007615
著者
明石 和康
出版社
岩波書店
出版年

リンク

Resource : openBD

難民も、移民も、事情があって国を離れた人を指す言葉です。​出入国在留管理庁の発表によると、日本で2020年に難民認定され...
異文化理解・異文化コミュニケーションに関する本を紹介します。【和泉図書館1階で,11月21日まで展示中】
秋というより通り越してすっかり寒くなった気がします。​10月も後半ですが、MBAが担当する和泉図書館の本棚のラインナップ...
​中野図書館 10月のオススメ本棚「法を味方に」​未知のウイルスが流行しようとも社会で生活する限り私たちは人と関わらずに...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展 「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、 「④地域...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展 「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、 「③地域...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展 「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、 「②メデ...
このページは、埼玉県立熊谷図書館 資料展「想いを放送にのせて~図書館資料に見るテレビ・ラジオ~」のうち、「①放送の歴史」...
中野図書館 10月のオススメ本棚「あなたにとって実現可能なSDGsとは?」​​最近よく耳にする「SDGs」という言葉、詳...
2021年10月8日開催「第2回読書人カレッジ」でお話していただく佐々涼子さん関連本です。
お家での時間をどのようにお過ごしでしょうか? 読書やラジオ鑑賞など、様々な工夫をされているかと思います。 そうした毎...
コロナ禍でストレスが溜まる日々ですね。 「人に話を聞いて欲しい」という人,一方「自分でよければ話を聴かせてほしい」と考...