ナラベル運営チーム

ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。
#ICT技術 #Webサービス #図書館 #システム開発
 
総件数
39テーマ

ヨーロッパでは,地球温暖化防止の観点から,飛行機による移動を避け,鉄道を使う運動が盛んになっています。旅も,飛行機から鉄道へ。効率的な移動から,移動そのものを楽しむ旅へ。確かにそれも旅の楽しみでしょう。持続可能性を高めていくことは今後の社会において不可欠でもあります。一方,私たちは,より遠くへ,より早くいきたいと望んでいることも確かでしょう。旅と環境,バラバラにみえるこの2つを一緒に眺めることで,新たな気づきがあるかもしれません。

【概 要】

テレビでも大反響! 40万部突破
NEWS23(TBS)、ワールドビジネスサテライト、Newsモーニングサテライト(テレビ東京)


ファクトフルネスとは データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。
世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。
世界で100万部の大ベストセラー! 40カ国で発行予定の話題作、待望の日本上陸

ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領も大絶賛!
「名作中の名作。世界を正しく見るために欠かせない一冊だ」 ビル・ゲイツ
「思い込みではなく、事実をもとに行動すれば、人類はもっと前に進める。そんな希望を抱かせてくれる本」 バラク・オバマ元アメリカ大統領

特にビル・ゲイツは、2018年にアメリカの大学を卒業した学生のうち、希望者全員にこの本をプレゼントしたほど。

◆賢い人ほど、世界についてとんでもない勘違いをしている

本書では世界の基本的な事実にまつわる13問のクイズを紹介している。たとえば、こんな質問だ。

質問 世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

質問 いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

答えは本書にある。どの質問も、大半の人は正解率が3分の1以下で、ランダムに答えるチンパンジーよりも正解できない。しかも、専門家、学歴が高い人、社会的な地位がある人ほど正解率が低い。
その理由は、10の本能が引き起こす思い込みにとらわれてしまっているからだ。

◆教育、貧困、環境、エネルギー、医療、人口問題などをテーマに、世界の正しい見方をわかりやすく紹介

本書では世界の本当の姿を知るために、教育、貧困、環境、エネルギー、人口など幅広い分野を取り上げている。いずれも最新の統計データを紹介しながら、世界の正しい見方を紹介している。
これらのテーマは一見、難しくて遠い話に思えるかもしれない。でも、大丈夫。著者のハンス・ロスリング氏の説明は面白くてわかりやすいと評判だ。その証拠に、彼のTEDトークの動画は、累計3500万回も再生されている。
また、本書では数式はひとつも出てこない。「GDP」より難しい経済用語は出てこないし、「平均」より難しい統計用語も出てこない。誰にでも、直感的に内容を理解できるように書かれている。

【目 次】

イントロダクション
第1章 分断本能 「世界は分断されている」という思い込み
第2章 ネガティブ本能 「世界がどんどん悪くなっている」という思い込み
第3章 直線本能 「世界の人口はひたすら増える」という思い込み
第4章 恐怖本能 「実は危険でないことを恐ろしい」と考えてしまう思い込み
第5章 過大視本能 「目の前の数字がいちばん重要」という思い込み
第6章 パターン化本能 「ひとつの例にすべてがあてはまる」という思い込み
第7章 宿命本能 「すべてはあらかじめ決まっている」という思い込み
第8章 単純化本能 「世界はひとつの切り口で理解できる」という思い込み
第9章 犯人捜し本能 「だれかを責めれば物事は解決する」という思い込み
第10章  焦り本能 「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み
第11章  ファクトフルネスを実践しよう
おわりに
付録
脚注
出典

【書 誌】

タイトル
FACTFULNESS(ファクトフルネス)
ISBN
9784822289607
著者
ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド 上杉 周作 関 美和
出版社
日経BP
出版年
20190112

リンク

Resource : openBD

テレビを見ているとき、街を歩いているとき、電車に乗っているとき、ふと目にとまった広告。 なんとなく気になって調べたり、...

144 View   展示     37

展示中
2020-07-28    2020-08-23

 八百万の神は,誰でも知っている日本古来からの言い伝えの一つ。人間は自然と共に生き,すべてのものに神が宿っている。山の神...

127 View   リスト     38

テーマ
緑陰読書

緑陰読書とは、先生方から「学生の皆さんに、夏休みに読んでほしい本」として推薦いただいた本の展示です。ぜひご覧ください!

676 View   展示     7

展示中
2020-07-31    2020-09-30

夏休みに読んでもらいたい、図書館スタッフおすすめ本を紹介します。

742 View   展示     81

展示中
2020-07-31    2020-09-30

『埃及紀行』は、大正11年10月に、建築史家の天沼俊一氏がエジプトを旅した際の旅行記です。​埼玉県立図書館では、田中重之...

312 View   展示     35

展示終了
2020-06-27    2020-07-26

 小鯵の南蛮漬けが好物の一つで,一時は月に4回は同じ寿司屋に通って飽きもせずに小鯵の南蛮漬けを食べ続けた。その寿司屋は惜...

223 View   リスト     27

私たちは暮らしの中で、たくさんの事柄に携わりながら生活しています。今回の展示では、身近なものの歴史に注目した資料を集めま...

328 View   展示     53

展示終了
2020-06-02    2020-06-25

今日の医療の成立は、現在最前線に立っておいでの医療関係者はもちろん、たくさんの先駆者の努力の積み重ねによるものです。​そ...

283 View   展示     24

展示終了
2020-05-23    2020-07-12

食事は、栄養を摂るために不可欠な行動であり、また日々の楽しみでもあります。​何気なく食べたり飲んだりしているものに、意外...

298 View   展示     20

展示終了
2020-05-23    2020-07-12