ナラベル運営チーム

ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。
#ICT技術 #Webサービス #図書館 #システム開発
 

シンギュラリティとは,技術的特異点のこと。極端にシンプルにすれば,人口知能が文化を牽引する時代。本当にそんな時代はやってくるのでしょうか。みなさんにその足音は聞こえてきていますか,息吹を感じられますか?予想では,その時は迫ってきています。一度,その時代の鼓動を本を通じて,感じてみませんか。

【概 要】


「使える哲学」とはなにか?
AIロボット、ドローン、自動運転。シンギュラリティの恐怖も叫ばれる中、いよいよ活気づいてきた人工知能の世界。アメリカではすでにUberによるタクシーの自動運転が実践化されているといいます。しかし、一方でAIが紛争や殺人に使われる懸念があるなど、モラルや倫理がは追いついていない状況に見えます。
果たして、「合理的で」「最適な」答えを出す、人工知能にどうすれば「考え方」を与えられるのか。

本書では、哲学だけでなく、テクノロジーやITまで幅広い分野に造詣の深い岡本先生に、「人工知能に哲学を教える」という設定のもと、「究極な問い」を立てながら、哲学はそれにどうこたえるか…の考え方を提示いただきます。話題の人工知能と哲学を掛け合わせることで、「哲学のおもしろさ」を味わってもらう1冊を目指します。

【目 次】

第1章
人間はどのように「認知」しているのか?<ディープラーニング>

・「ディープラーニング」とは哲学的に何か?
・プラトンの問題
・2つの矛盾「経験値:犬を連れてくるには、犬を知っておかなければならい」
・イデア(理想の目で見る)
・知識・認知・概念とはなにか?
・「機械学習」とは何か?
あらかじめルールを与えなくてもAIが自ら学ぶ
・AI将棋「PONANZA」について。


第2章
AIに「倫理」は学べるか?<トロッコ問題の本質>

・メルセデスの取り組み 「乗客ファースト/自動運転における【設計思想】」
・MITのシュミレーション「属性か人数か?」
・古典的トロッコ問題
・トロッコ問題の大誤解
・「ルールベース」 (AI用語)
AIは人間の知性や倫理を再現できるのか? の具体的な事例として

第3章
「死」とはなにか? 宗教とは?

・人は死をどのようにとらえているか
・死を意識するとは、未来を意識することである
・メタ認知とは


第4章
機械にとっての幸福 人間にとっての幸福

・「経験機械」「水槽の中の脳」(ノージック)
・幸福とは主観的なものである
・人間にとっての幸福とは、「快」の増大である?
・人間と比較できるか?


5章
ロボットは仕事を奪うか

・AIからの指令
・残業がなくなる(労働からの解放)
・マルクス「資本論」革命が起きるのか?
・人間は人工知能をどうコントロールできるのか
・ワトソンがコールセンターを代替という事例。

6章
AIは芸術を理解できるか?

・レンブラント「風」の絵を描く人工知能
・森ビルイベント「AIは芸術を評価できるか?」
・「美人投票」(ケインズ「株」)
・新しい才能を発見できるか?
・「独創性」とはなにか?

7章
人工知能は人類を滅亡させるか?<社会性>

・スタンドアローン型とネットワーク型
・社会性という危険性
・軍事機器(無人の潜水艦)
・人間の意志に反する可能性は?

【書 誌】

タイトル
人工知能に哲学を教えたら
ISBN
9784797392616
著者
岡本 裕一朗
出版社
SBクリエイティブ
出版年
20180907

リンク

Resource : openBD

世界中にある庭園たち。日本庭園,英国式庭園,イスラーム式庭園,中国庭園。人々はどの場所でも何時の時代も庭園を作り,眺め,愛で,共に生活を送ってきました。世界中の庭園を通じてそれを作った人々や国を理解できれば,世界が広がるに違いありません。日本を知るために日本庭園を知る,世界を知るために世界の庭園を知る。まずはお気に入りの1冊を手にとってください。

17 View   リスト     31

カンボジアといえば,アンコールワット。その神々しさと雄大さは人を惹きつけて止まない。それと同時に,ささやかな幸せを願うためにこれほどの寺院を作れる人の手が,同じほど苛烈な惨劇を生み出すことができる現実を私達につきつける。カンボジアはまさに,人間の叡智と邪心が交差した場所。戦の煙で世界が霞みそうな今だからそこ,もう一度,知っておきたいこともある。

34 View   リスト     30

EUは崩壊の危機に直面しているのか?それとも次なる飛躍への痛みなのか?ブレクジットは,どのような結果をもたらすのか。遠い世界に見えるEUは,アジアに暮らす私達の未来を示しているのかもしれない。理想主義が明るい未来に導くのかどうかは,先に繁栄を手にした私達に委ねられている。

70 View   リスト     27

世界には,まだまだ訪ねたい場所がいろいろある。美術館に博物館,世界遺跡や想像を超える景色。その地に思いを馳せるだけでワクワクしてくる。何も知らずに訪れるか,それとも準備をしっかりして楽しむか。これから尋ねる場所には,かならず物語がある。読んでからかいく,それもきっと,私たちのワクワクを増幅する一つの手段に違いない。

91 View   リスト     28

第二次世界大戦中の日記や手紙を中心としたリスト

151 View   リスト     24

生活は疲れます。精神的・肉体的ストレスや自然災害,不確定な未来と漠然とした不安。考え始めたらきりがありません。しかし,人の営みが始まって現代に至るまで,人が疲れない,ストレスがない時があったのでしょうか?どこかで誰かが悩み,考え,疲れていたはずです。そう考えると,疲れとは生きていくことの一部とも言えます。疲れの中に何かをみつける。それが上手くいくヒントなのかもしれません。

175 View   リスト     32

2019年,今年も日本人がノーベル賞を受賞しました。素晴らしいことです。毎年この季節に訪れるノーベル賞,しかし,その関心は長くは続きません。今年はもう少し時間をかけて,ノーベル賞について考えてみませんか?これまでの歴史やその影響,ノーベル賞の背景にある思想とそれを取り巻く色々な人たちの思惑。ノーベル賞を目指さず,イグ・ノーベル賞への情熱を滾らせる研究者。そもそも研究とはどんな活動なのか。ノーベル賞とその周りには,私たちを驚かし,困惑させ,納得させることがあふれています。

249 View   リスト     37

ドローンは身近になりました。気が付くと,空を飛んでいる。ブーンという飛行音に,私たちはどのような思いを抱くのでしょうか。未来の足音?それとも社会の変革?軍事転用されたドローン攻撃のリスク,自動運転を含むモビリティ革命の到来,ドローンをいろいろな角度から見ることでその未来は異なっているのは確かです。ドローンが導き出す未来を考えてみましょう。

292 View   リスト     32

テーマ
森が呼ぶ声

アマゾンの森林火災が止まらない。ドイツの森も危険な状態にある。日本の森林再生への取り組みには時間がかかる。これまで人間と共存してきた森が,私たちに語りかけている声を,耳を澄ましてもう一度,聞いてみませんか。意見や思想の対立,経済や政治,その存在の前提にあるのは,共存のはず。森の声を聞いたとき,もう一度,共存の意味を問い直すチャンスが訪れるのかもしれません。

218 View   リスト     26

ヨーロッパでは,地球温暖化防止の観点から,飛行機による移動を避け,鉄道を使う運動が盛んになっています。旅も,飛行機から鉄道へ。効率的な移動から,移動そのものを楽しむ旅へ。確かにそれも旅の楽しみでしょう。持続可能性を高めていくことは今後の社会において不可欠でもあります。一方,私たちは,より遠くへ,より早くいきたいと望んでいることも確かでしょう。旅と環境,バラバラにみえるこの2つを一緒に眺めることで,新たな気づきがあるかもしれません。

346 View   リスト     32

箱根駅伝がもつドラマ,多くの人達とのかかわり。物語を消費するのは,刻み付けるよりも簡単で現代的でもある。しかし,振り返った時にこそ,未来はやってくる。そしてそこにあるドラマが私たちを奮い立たせる。振り返り,未来を望むとき,活字は力を持ち始める。今年の箱根駅伝が,すべての人々の追い風となることを願って。

220 View   リスト     32

ロックは水,ロックはパン,ロックはワイン,ロックは血,ロックは魂。その風景は音と歌詞だけで描かれるものではないはず。ロックが紡ぎだすものがたり。少しだけ,ボリュームを下げて,活字の世界に浸ってみませんか

252 View   リスト     20

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」が開催されています。(東京国立博物館 平成館)この特別展は,「リアル三国志」を合言葉に,歴史書や物語ではなく,その時代の本物を通じて知ることができる「三国志」を私たちに見せてくれます。私たちが馴染んでる「三国志」と「リアル三国志」,その合間を埋めるために,これまでの「三国志」を少し振り返ってみませんか?

209 View   リスト     26

ボクシングの歴史は古い。歴史の始まりと共に,人は殴り合い,戦い,強さを競った。殴り合いによる生存欲求の証明を必要としない現代,その時代の中で,私たちは,井上尚弥の登場を見た。彼の登場が,日本のボクシングを変えた。そして今,世界の価値観の一部を揺るがそうとしている。歴史の中のボクシングから,現代ボクシングへの道をたどりながら,今の,井上尚弥の見つめるボクシングを探ってみよう

318 View   リスト     30

日本の特徴として職人魂,匠の技。プロフェッショナリズムが生み出すさまざまなものたちが,人々に新しい世界を見せてくれます。作る側のこだわり,使う側のこだわり,その融合があってこそ,新たな文化の誕生ではないでしょうか。そんな匠の仕事,それを使う人たちのこだわり,振り返ってみませんか?

270 View   リスト     32

プライスコレクションが,日本に里帰りします。出光美術館が購入を発表。日本の素晴らしい作品が大事に保存されているのであれば,世界中どこにあっても良いのですが,身近にあることの喜びは,また少し,違ったものなのかもしれません。日々の生活の近くに素晴らしい美術作品があること,それを再確認するためにも,振り返ってみませんか?

207 View   リスト     44

シンギュラリティとは,技術的特異点のこと。極端にシンプルにすれば,人口知能が文化を牽引する時代。本当にそんな時代はやってくるのでしょうか。みなさんにその足音は聞こえてきていますか,息吹を感じられますか?予想では,その時は迫ってきています。一度,その時代の鼓動を本を通じて,感じてみませんか。

218 View   リスト     20