ナラベル運営チーム

ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。
#ICT技術 #Webサービス #図書館 #システム開発
 
総件数
31テーマ

シンギュラリティとは,技術的特異点のこと。極端にシンプルにすれば,人口知能が文化を牽引する時代。本当にそんな時代はやってくるのでしょうか。みなさんにその足音は聞こえてきていますか,息吹を感じられますか?予想では,その時は迫ってきています。一度,その時代の鼓動を本を通じて,感じてみませんか。

タイプ
リスト
公開状態
公開
公開予定日
2019-06-18
タグ
#シンギュラリティ #未来学 #指数関数 #AI #人工知能 #マトリックス
登録件数
リスト   20
アクセス数
631 View

【概 要】

シンギュラリティ(Singularity)とは、人工知能(AI)が人間の能力を超えることで起こる「技術的特異点」のことをいう。ロボット技術がさらに進化し、大変革が起こって後戻りできない世界に突入すると、人類はどうなるのか――。本書はシンギュラリティの実例と最新の動向をわかりやすい文章と写真・イラストで解説し、近未来に訪れる世界を多角度から描き出す。話題の先端科学に触れたいという知的好奇心に応えるシリーズ第3弾。〔本書の特色〕◇シンギュラリティとは?人工知能が人間の知能を超えることで社会的な大変革が起こり、後戻りができない世界に突入してしまう時期をいう。その先の人類の社会が「楽園」なのか、「滅亡」なのか、指数関数的な技術の進化とともにわかりやすく解説する。◇頭脳で人間を超えるニューラルネットワークによる深層学習(ディープラーニング)こそが、人間を超える汎用型AI誕生のキーワード。進化するAI技術の現状と近未来を描き出す。◇進化するロボット人類が「シンギュラリティ」を迎える時期は、AI・ロボット・IoTによる技術革新のスピードによって変わるかもしれない。人間の身体を代替するロボット開発の現状と解決すべき課題を例示する。◇ロボティクスの挑戦エンターテインメント・デリバリー・警備・建築・介護などでの活用がはじまるロボットの実例としくみを紹介する。◇コンピュータと感情、ロボットと生命人類が「シンギュラリティ」を迎えるか否かは、「心や命とは何か?」を考えることからはじまるのかもしれない。科学技術と哲学倫理の関係について提言する。

【目 次】

はじめに
◇Chapter1 シンギュラリティとは
「シンギュラリティ」、それは2045年にやってくる
人類が生物学を超越するとき
シンギュラリティのその先は楽園か滅亡か
指数関数的な技術の進化とは
ムーアの法則とトランジスタの進化
シンギュラリティまでの道程(AIとロボティクス)
「人間を超えるヒューマノイド誕生」に必要な技術
自動運転はロボティクス技術の結晶
◇Chapter2 頭脳で人間を超える
人間とコンピュータの頭脳戦
Googleの猫
ニューラルネットワークとは
ニューラルネットワークは人間の脳の模倣モデル
画像認識コンテストでニューラルネットワークが席巻
データが多いほど学習の精度が上がるニューラルネットワーク
ゲームを学習して上達するDQN
人間を破ったAI「Alpha Go」(アルファ碁)
囲碁では人間が勝つと言われていた理由
AlphaGoが強くなったプロセス
汎用人工知能(AGI)と特化型AI
人間の脳とコンピュータのしくみは似ている
人間の脳のしくみ
ニューラルネットワークの基本
カメラ映像とディープラーニング
目を持ったコンピュータ
言葉を理解するコンピュータ
文章を理解し、人間の心の動きを解釈する人工知能「KIBIT」
会話するコンピュータ
IBM Watsonの性能としくみ(6つの機能)
コールセンターで活躍するWatson
会話を学ぶスマートスピーカー
創作するAIコンピュータ
AIで翻訳精度が上がる
文章を執筆するAIコンピュータ
◇Chapter3 進化するロボット
シンギュラリティからのメッセージ
産業用ロボット技術の現状
コミュニケーションロボットの現状
移動するロボット
医療分野のロボット
ロボットサッカーが人間を超える日
天才ライダーvsロボットライダー
倒れない自律走行バイク「MOTOROiD」(モトロイド)
タオルをたたみ、サラダを盛り付ける「マルチモーダルAIロボット」
◇Chapter4 ロボティクスの挑戦
世界最先端の身体能力を持つ人型ロボット
人間そっくりなヒューマノイド(アンドロイド)
テレイグジスタンス・ロボット
「歩こう」という意思で動作するロボットスーツ
◇Chapter5 コンピュータと感情、ロボットと生命
AIコンピューティングの頭脳の進化と「GPU」
加速する自動運転技術
3Dホログラムのある生活
「存在」とは何か
「生命」とは何か
ロボットに感情は必要か
ブレイン・マシン・インタフェース
ナノマシンの衝撃
さくいん
参考文献・写真提供・あとがき

【書 誌】

タイトル
シンギュラリティ
ISBN
9784422400358
著者
神崎 洋治
出版社
創元社
出版年
20181114

リンク

Resource : openBD

はじめて大学図書館に来たあなた。展示「活用しよう!楽しもう!ようこそ明治大学図書館へ!」にお立ち寄りを。​図書館の資料は...
就活はこれを読まなきゃ始まらない?!そんなタイトルを集めてみました。​Maruzen eBook Libraryでみるこ...
新年度スタート!楽しい​大学生活をもっと充実させたい方、読書おススメです。​高校時代は受験勉強etc…でいつの間にか本を...
新しい大学生活には期待や不安,様々な感情が起こる。 なかなか難しい問題ではあるが・・・少し考え方・見方を変えてみる。 ...
 「デザイン思考」とは、サービスやプロダクトの先にあるユーザーに共感・理解し,仮説を立て、初期の段階では明らかにならなか...
180 View   リスト   24
このページは、埼玉県立久喜図書館 資料展(WEB版)「日本美術を辿る」のうち、5.「近代・現代(明治時代~)」​の資料リ...
このページは、埼玉県立久喜図書館 資料展(WEB版)「日本美術を辿る」のうち、1.「日本美術を学ぶ」​の資料リストです。...
このページは、埼玉県立久喜図書館 資料展(WEB版)「日本美術を辿る」のうち、7.「様々な切り口から捉えたもの」​の資料...
このページは、埼玉県立久喜図書館 資料展(WEB版)「日本美術を辿る」のうち、6.「時代が複数にわたっているもの」​の資...
このページは、埼玉県立久喜図書館 資料展(WEB版)「日本美術を辿る」のうち、4.「近世(江戸時代)」​の資料リストです...
このページは、埼玉県立久喜図書館 資料展(WEB版)「日本美術を辿る」のうち、3.「中世(鎌倉・南北朝・室町・安土桃山)...
このページは、埼玉県立久喜図書館 資料展(WEB版)「日本美術を辿る」のうち、2.「古代(縄文・弥生・古墳・飛鳥・奈良・...