テーマ
【決断】が語る未来

 決断の語源は,「どの堤防を断じるかを決めること」である。大規模な洪水が発生し,何もしなければ多数の村への被害が避けられない状況下で,人為的に堤防を決壊させることにより,一つの村を犠牲にして,それ以外の村を救う。これはまさに私達がイメージする「決断」だ。すべての責任を背負いリーダーは犠牲となる村を選ぶ。それは大多数にとっては,尊い犠牲だ。しかし選ばれた村の民は,どうやって自らが犠牲となる現実と折り...

テーマ
「恐れ」の正体

新型肺炎が世界を襲っている。中国では死者数が日々増えていき,まるで戦争をしているような物々しさだ。TVやSNSで流れる情報は,私達を「恐れ」させている。その「恐れ」が,私達にマスクをつけさせ,アルコール消毒を促している。これはいいことだ。一方,この「恐れ」がこれ以上大きくなったとき,私達がどのような行動をとるのか,そこに未来がある。私達を突き動かす「恐れ」とは,その源流はどこにあるのか?

テーマ
野球の奥底

監督がボソボソとつぶやく。選手は汗だくの首元を拭うこともせず,ただ聞き入っている。ベンチの中の野球。それを見せてくれた監督。野球は,間のスポーツ。一つ一つのプレーの合間にこそ本質が隠れている。それを知らしめてくれた監督。きっと,どこかにシューレスジョージャクソンとフィールドオブドリームスがあって,プレーをしているに違いない。監督の夢はまだ続く。野球ファンの夢も続いている。

テーマ
大統領がいる時代

子供の頃,白黒テレビの中の大統領は輝いていた。日本には存在しない大統領という響き。そこにはいかなる根拠もない漠然とした幸福感とあこがれがあった。そして現代,巨大な権力を持つ大統領は,何を信じ,何を普通の人々に見せようとしているのか。エビデンスが私達のすべてを縛り付けているこの時代に,大統領の存在が持つ意味を問う。

テーマ
庭に世界をみる

世界中にある庭園たち。日本庭園,英国式庭園,イスラーム式庭園,中国庭園。人々はどの場所でも何時の時代も庭園を作り,眺め,愛で,共に生活を送ってきました。世界中の庭園を通じてそれを作った人々や国を理解できれば,世界が広がるに違いありません。日本を知るために日本庭園を知る,世界を知るために世界の庭園を知る。まずはお気に入りの1冊を手にとってください。

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

ナラベル運営チーム
ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。
タグ
ICT技術 Webサービス 図書館 システム開発
ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

ナラベル運営チーム

ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。

タグ

ICT技術 Webサービス 図書館 システム開発

ナラベル運営チーム

ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。
#ICT技術 #Webサービス #図書館 #システム開発
 
総件数
32テーマ

シンギュラリティとは,技術的特異点のこと。極端にシンプルにすれば,人口知能が文化を牽引する時代。本当にそんな時代はやってくるのでしょうか。みなさんにその足音は聞こえてきていますか,息吹を感じられますか?予想では,その時は迫ってきています。一度,その時代の鼓動を本を通じて,感じてみませんか。

【概 要】


「使える哲学」とはなにか?
AIロボット、ドローン、自動運転。シンギュラリティの恐怖も叫ばれる中、いよいよ活気づいてきた人工知能の世界。アメリカではすでにUberによるタクシーの自動運転が実践化されているといいます。しかし、一方でAIが紛争や殺人に使われる懸念があるなど、モラルや倫理がは追いついていない状況に見えます。
果たして、「合理的で」「最適な」答えを出す、人工知能にどうすれば「考え方」を与えられるのか。

本書では、哲学だけでなく、テクノロジーやITまで幅広い分野に造詣の深い岡本先生に、「人工知能に哲学を教える」という設定のもと、「究極な問い」を立てながら、哲学はそれにどうこたえるか…の考え方を提示いただきます。話題の人工知能と哲学を掛け合わせることで、「哲学のおもしろさ」を味わってもらう1冊を目指します。

【目 次】

第1章
人間はどのように「認知」しているのか?<ディープラーニング>

・「ディープラーニング」とは哲学的に何か?
・プラトンの問題
・2つの矛盾「経験値:犬を連れてくるには、犬を知っておかなければならい」
・イデア(理想の目で見る)
・知識・認知・概念とはなにか?
・「機械学習」とは何か?
あらかじめルールを与えなくてもAIが自ら学ぶ
・AI将棋「PONANZA」について。


第2章
AIに「倫理」は学べるか?<トロッコ問題の本質>

・メルセデスの取り組み 「乗客ファースト/自動運転における【設計思想】」
・MITのシュミレーション「属性か人数か?」
・古典的トロッコ問題
・トロッコ問題の大誤解
・「ルールベース」 (AI用語)
AIは人間の知性や倫理を再現できるのか? の具体的な事例として

第3章
「死」とはなにか? 宗教とは?

・人は死をどのようにとらえているか
・死を意識するとは、未来を意識することである
・メタ認知とは


第4章
機械にとっての幸福 人間にとっての幸福

・「経験機械」「水槽の中の脳」(ノージック)
・幸福とは主観的なものである
・人間にとっての幸福とは、「快」の増大である?
・人間と比較できるか?


5章
ロボットは仕事を奪うか

・AIからの指令
・残業がなくなる(労働からの解放)
・マルクス「資本論」革命が起きるのか?
・人間は人工知能をどうコントロールできるのか
・ワトソンがコールセンターを代替という事例。

6章
AIは芸術を理解できるか?

・レンブラント「風」の絵を描く人工知能
・森ビルイベント「AIは芸術を評価できるか?」
・「美人投票」(ケインズ「株」)
・新しい才能を発見できるか?
・「独創性」とはなにか?

7章
人工知能は人類を滅亡させるか?<社会性>

・スタンドアローン型とネットワーク型
・社会性という危険性
・軍事機器(無人の潜水艦)
・人間の意志に反する可能性は?

【書 誌】

タイトル
人工知能に哲学を教えたら
ISBN
9784797392616
著者
岡本 裕一朗
出版社
SBクリエイティブ
出版年
20180907

リンク

Resource : openBD

今日の医療の成立は、現在最前線に立っておいでの医療関係者はもちろん、たくさんの先駆者の努力の積み重ねによるものです。​そ...

51 View   展示     24

展示中
2020-05-23    2020-07-12

食事は、栄養を摂るために不可欠な行動であり、また日々の楽しみでもあります。​何気なく食べたり飲んだりしているものに、意外...

61 View   展示     20

展示中
2020-05-23    2020-07-12

あなたが家の中でくつろいで過ごすには、どんなものがあると嬉しいですか?​好きな音楽、気に入った家具、愛らしいペットも気持...

108 View   展示     21

展示中
2020-05-23    2020-07-12

テレビのニュースや、おしゃべりの中で伝え聞いた噂話。​私達はたくさんの情報に囲まれて日々を生きています。​​でも、それを...

43 View   展示     22

展示中
2020-05-23    2020-07-12

不安が胸のうちにあると、ざわざわとした気持ちになりますね。​不安だけではなく、笑い、悲しみ、怒りといった、感情とうまくつ...

40 View   展示     16

展示中
2020-05-23    2020-07-12

 決断の語源は,「どの堤防を断じるかを決めること」である。大規模な洪水が発生し,何もしなければ多数の村への被害が避けられ...

67 View   リスト     31

新型肺炎が世界を襲っている。中国では死者数が日々増えていき,まるで戦争をしているような物々しさだ。TVやSNSで流れる情...

210 View   リスト     33

テーマ
野球の奥底

監督がボソボソとつぶやく。選手は汗だくの首元を拭うこともせず,ただ聞き入っている。ベンチの中の野球。それを見せてくれた監...

255 View   リスト     29

子供の頃,白黒テレビの中の大統領は輝いていた。日本には存在しない大統領という響き。そこにはいかなる根拠もない漠然とした幸...

170 View   リスト     34