テーマ
【決断】が語る未来

 決断の語源は,「どの堤防を断じるかを決めること」である。大規模な洪水が発生し,何もしなければ多数の村への被害が避けられない状況下で,人為的に堤防を決壊させることにより,一つの村を犠牲にして,それ以外の村を救う。これはまさに私達がイメージする「決断」だ。すべての責任を背負いリーダーは犠牲となる村を選ぶ。それは大多数にとっては,尊い犠牲だ。しかし選ばれた村の民は,どうやって自らが犠牲となる現実と折り...

テーマ
「恐れ」の正体

新型肺炎が世界を襲っている。中国では死者数が日々増えていき,まるで戦争をしているような物々しさだ。TVやSNSで流れる情報は,私達を「恐れ」させている。その「恐れ」が,私達にマスクをつけさせ,アルコール消毒を促している。これはいいことだ。一方,この「恐れ」がこれ以上大きくなったとき,私達がどのような行動をとるのか,そこに未来がある。私達を突き動かす「恐れ」とは,その源流はどこにあるのか?

テーマ
野球の奥底

監督がボソボソとつぶやく。選手は汗だくの首元を拭うこともせず,ただ聞き入っている。ベンチの中の野球。それを見せてくれた監督。野球は,間のスポーツ。一つ一つのプレーの合間にこそ本質が隠れている。それを知らしめてくれた監督。きっと,どこかにシューレスジョージャクソンとフィールドオブドリームスがあって,プレーをしているに違いない。監督の夢はまだ続く。野球ファンの夢も続いている。

テーマ
大統領がいる時代

子供の頃,白黒テレビの中の大統領は輝いていた。日本には存在しない大統領という響き。そこにはいかなる根拠もない漠然とした幸福感とあこがれがあった。そして現代,巨大な権力を持つ大統領は,何を信じ,何を普通の人々に見せようとしているのか。エビデンスが私達のすべてを縛り付けているこの時代に,大統領の存在が持つ意味を問う。

テーマ
庭に世界をみる

世界中にある庭園たち。日本庭園,英国式庭園,イスラーム式庭園,中国庭園。人々はどの場所でも何時の時代も庭園を作り,眺め,愛で,共に生活を送ってきました。世界中の庭園を通じてそれを作った人々や国を理解できれば,世界が広がるに違いありません。日本を知るために日本庭園を知る,世界を知るために世界の庭園を知る。まずはお気に入りの1冊を手にとってください。

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

ナラベル運営チーム
ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。
タグ
ICT技術 Webサービス 図書館 システム開発
ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

ナラベル運営チーム

ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。

タグ

ICT技術 Webサービス 図書館 システム開発

ナラベル運営チーム

ユーザー視点を忘れずにシステム開発していきます。また,いろいろな出来事について,テーマを作成していきます。
#ICT技術 #Webサービス #図書館 #システム開発
 
総件数
32テーマ

ナラベルWebサービスの運用では,コンテナは使っていませんが,現在のトレンドを踏まえて,導入を検討しています。そこでこれまで,コンテナ技術関係で参考にした書籍とWebサイト,そしてこれから利用したい情報をナラベます
タイプ
リスト
公開状態
公開
タグ
#コンテナ #Linux #Docker #オーケストレーション
登録件数
12

【概 要】

本書は、Kubernetesをはじめて使う業務アプリケーション開発者、Dockerの基礎知識がある方を対象として、コンテナーオーケストレーションツールであるKubernetesのしくみ――基本的な機能とその内部動作など――を解説した書籍です。

限られた時間で効率よく理解できるよう、できる限り抽象的/難解な言葉を避け、図やイラストを入れて丁寧にわかりやすく解説しているのが本書の大きな特徴です。さらに、実際にシステムに導入する際に検討しなければいけないシステムの可用性や拡張性、保守性などの基礎となる考え方も詳解しています。

【目 次】

■第1部 導入編
◆CHAPTER 01 コンテナーとKubernetes
 1.1 コンテナー技術の概要
 1.2 Kubernetesの概要
 1.3 まとめ
◆CHAPTER 02 Kubernetesの環境構築
 2.1 コンテナーアプリケーション開発の流れ
 2.2 開発環境の準備
 2.3 コンテナーイメージのビルドと公開
 2.4 Azureを使ったKubernetesクラスター作成
 2.5 まとめ
◆CHAPTER 03 Kubernetesを動かしてみよう
 3.1 アプリケーションのデプロイ
 3.2 マニフェストファイルの作成
 3.3 クラスターでのリソース作成
 3.4 アプリケーションの動作確認
 3.5 まとめ

■第2部 基本編
◆CHAPTER 04 Kubernetesの要点
 4.1 Kubernetesのコンセプト
 4.2 Kubernetesのしくみ
 4.3 Kubernetesのリソース
 4.4 マニフェストファイル
 4.5 ラベルによるリソース管理
 4.6 Kubernetesのリソース分離
 4.7 まとめ
◆CHAPTER 05 コンテナーアプリケーションの実行
 5.1 Podによるコンテナーアプリケーションの管理
 5.2 Podのスケジューリングのしくみ
 5.3 Podを効率よく動かそう
 5.4 Podを監視しよう
 5.5 ReplicaSetで複数のPodを管理しよう
 5.6 負荷に応じてPodの数を変えてみよう
 5.7 まとめ
◆CHAPTER 06 アプリケーションのデプロイ
 6.1 Deploymentによるアプリケーションのデプロイ
 6.2 Deploymentのしくみ
 6.3 アプリケーションの設定情報を管理しよう
 6.4 まとめ

■第3部 実践編
◆CHAPTER 07 アーキテクチャーと設計原則
 7.1 Kubernetesのアーキテクチャー
 7.2 Kubernetesの設計原則
 7.3 サービスや製品における実装
 7.4 まとめ
◆CHAPTER 08 可用性(Availability)
 8.1 Kubernetesの可用性
 8.2 インフラストラクチャーの視点
 8.3 まとめ
◆CHAPTER 09 拡張性(Scalability)
 9.1 Kubernetes Nodeの水平自動スケール
 9.2 AKSにおけるCluster Autoscaler
 9.3 その他の自動スケール
 9.4 まとめ
◆CHAPTER 10 保守性(Manageability)
 10.1 Kubernetesの運用で必要なアップデート、アップグレード作業
 10.2 サーバーのアップデート
 10.3 Kubernetesコンポーネントのアップデート
 10.4 まとめ
◆CHAPTER 11 リソース分離(Security)
 11.1 Kubernetes リソースの分離粒度
 11.2 Namespaceによる分離
 11.3 Kubernetesのアカウント
 11.4 Kubernetesの認証と認可
 11.5 RBAC(Role Based Access Control)
 11.6 リソース利用量の制限
 11.7 まとめ
◆CHAPTER 12 可観測性(Observability)
 12.1 可観測性とは
 12.2 観測対象/手法
 12.3 代表的なソフトウェア、サービス
 12.4 AKSにおけるメトリック収集と可視化、ログ分析
 12.5 まとめ

■APPENDIX コマンドリファレンス
 A.1 kubectlコマンド
 A.2 Azure CLIコマンド

【書 誌】

タイトル
しくみがわかるKubernetes Azureで動かしながら学ぶコンセプトと実践知識
ISBN
9784798157849
著者
阿佐 志保 真壁 徹 真壁 徹
出版社
翔泳社
出版年
20190123

リンク

Resource : openBD

今日の医療の成立は、現在最前線に立っておいでの医療関係者はもちろん、たくさんの先駆者の努力の積み重ねによるものです。​そ...

51 View   展示     24

展示中
2020-05-23    2020-07-12

食事は、栄養を摂るために不可欠な行動であり、また日々の楽しみでもあります。​何気なく食べたり飲んだりしているものに、意外...

61 View   展示     20

展示中
2020-05-23    2020-07-12

あなたが家の中でくつろいで過ごすには、どんなものがあると嬉しいですか?​好きな音楽、気に入った家具、愛らしいペットも気持...

108 View   展示     21

展示中
2020-05-23    2020-07-12

テレビのニュースや、おしゃべりの中で伝え聞いた噂話。​私達はたくさんの情報に囲まれて日々を生きています。​​でも、それを...

43 View   展示     22

展示中
2020-05-23    2020-07-12

不安が胸のうちにあると、ざわざわとした気持ちになりますね。​不安だけではなく、笑い、悲しみ、怒りといった、感情とうまくつ...

40 View   展示     16

展示中
2020-05-23    2020-07-12

 決断の語源は,「どの堤防を断じるかを決めること」である。大規模な洪水が発生し,何もしなければ多数の村への被害が避けられ...

67 View   リスト     31

新型肺炎が世界を襲っている。中国では死者数が日々増えていき,まるで戦争をしているような物々しさだ。TVやSNSで流れる情...

210 View   リスト     33

テーマ
野球の奥底

監督がボソボソとつぶやく。選手は汗だくの首元を拭うこともせず,ただ聞き入っている。ベンチの中の野球。それを見せてくれた監...

255 View   リスト     29

子供の頃,白黒テレビの中の大統領は輝いていた。日本には存在しない大統領という響き。そこにはいかなる根拠もない漠然とした幸...

170 View   リスト     34