テーマ
カンボジアへ向かう

カンボジアといえば,アンコールワット。その神々しさと雄大さは人を惹きつけて止まない。それと同時に,ささやかな幸せを願うためにこれほどの寺院を作れる人の手が,同じほど苛烈な惨劇を生み出すことができる現実を私達につきつける。カンボジアはまさに,人間の叡智と邪心が交差した場所。戦の煙で世界が霞みそうな今だからそこ,もう一度,知っておきたいこともある。

テーマ
EUから見える世界

EUは崩壊の危機に直面しているのか?それとも次なる飛躍への痛みなのか?ブレクジットは,どのような結果をもたらすのか。遠い世界に見えるEUは,アジアに暮らす私達の未来を示しているのかもしれない。理想主義が明るい未来に導くのかどうかは,先に繁栄を手にした私達に委ねられている。

テーマ
読んでから行く!

世界には,まだまだ訪ねたい場所がいろいろある。美術館に博物館,世界遺跡や想像を超える景色。その地に思いを馳せるだけでワクワクしてくる。何も知らずに訪れるか,それとも準備をしっかりして楽しむか。これから尋ねる場所には,かならず物語がある。読んでからかいく,それもきっと,私たちのワクワクを増幅する一つの手段に違いない。

テーマ
第二次世界大戦の記録

第二次世界大戦中の日記や手紙を中心としたリスト

テーマ
疲れと上手に付き合う

生活は疲れます。精神的・肉体的ストレスや自然災害,不確定な未来と漠然とした不安。考え始めたらきりがありません。しかし,人の営みが始まって現代に至るまで,人が疲れない,ストレスがない時があったのでしょうか?どこかで誰かが悩み,考え,疲れていたはずです。そう考えると,疲れとは生きていくことの一部とも言えます。疲れの中に何かをみつける。それが上手くいくヒントなのかもしれません。

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら

ナラ ベルとは

ナラ ベルとは,本やWebの情報をテーマごとにあつめて公開できるWebサービスです。ユーザー登録すると,各人毎の専用ページが作成されます。詳しくはこちら


検索結果

ヒット件数 : 2

箱根駅伝がもつドラマ,多くの人達とのかかわり。物語を消費するのは,刻み付けるよりも簡単で現代的でもある。しかし,振り返った時にこそ,未来はやってくる。そしてそこにあるドラマが私たちを奮い立たせる。振り返り,未来を望むとき,活字は力を持ち始める。今年の箱根駅伝が,すべての人々の追い風となることを願って。

2 View   リスト     32

なぜ走るのかは,わかりません。でもずっと走っています。速くなく,長くなく,でも走っています。自分でも不思議ですが,その謎を解くために,ちょっと他人のラン生活を覗いてみます。

3 View   リスト     15